バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 7日生田練習会

<<   作成日時 : 2010/02/08 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エブリーの会ありがとうございました。今回はぐずぐずと遅れて到着したので、もう大半準備レイアウトも済んでしまっていてい、ろくにお手伝いもせずでした。申し訳なく。今回は、In a Sentimental Moodにすこし気合を入れて取り組み始めたところで、いろいろ弾き方にトライをしてみました。が、うーん、ちょっと難しい曲を選びすぎたか。。特に後半、サビのところの白玉のカウントと、テーマに戻るところのアウフタクトのカウントのキープがどうしてもできずに、インテンポのはずがルバート化(要は一人で裏返ってるだけ。へたっぴ、ですが。。)してしまうのを何とかしないと。。と思うと、カウントだけの数合わせになってしまって、ぜんぜん歌えない。。バラッドばバラッドに聞こえるように歌うのは本当に難しいですねぇ。
それから、As Time Goes By ほんとうは予備に用意したエントリー曲で、On The Street Where You Liveの予定だったのですが、やめて、こっちを練習しました。OnTheはとりあえず何度か通し練習をしてきたので、やっぱり新しい曲に挑戦することを優先、と。Aa Timeはあまり気負ってはいけないなぁと思うのですが、どうしても、カリカリっと音を出したくなってしまう、魅力のあるきれいなフレーズがあって、曲の魔力にまけずに冷静に弾くのが難しい。。というか、まあ、いつもどうしても自己陶酔。している私には、この美しい曲は本当に楽しいし、浸ってしまいます。聞いてもらう演奏をするには、もうすこしクールにならんと駄目かなぁといつも思うのですが。といっても、弾き手が楽しくないと聴くのも楽しくないかぁって、自己弁護しつつ、みなさんから弾いててたのしそうやねぇと。。そうなんです。どうしましょうね。とにかく、いつもながらたのしかったです。隊長、副隊長はじめ、お世話してくださったみなさま、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

7日生田練習会 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる