バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ケイシ、バイオリンの先生修行中です

<<   作成日時 : 2010/05/23 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

師匠とはレッスンの時間が合わず。。。
そうこうしているうちに、ケイシのバイオリンを習いたいという、嬉しい話があり、
とうとう、後世に?(おおげさやなぁ)、ポップなバイオリン演奏の文化(またまた大層な)を伝えるべく。。レッスンを始めてしまいました。つまり、ケイシにバイオリンのお弟子さんができたということです。。。感慨無量です。

テキストづくりから初めていますが、手探りです。
約40年間の長い長い基礎練習とクラシックの時代を経てきたとはいえ、たった2年に満たないジャズ演奏の実践の経験から、どんなことがお伝えできるか、わからないですが。。

それでも、クラシックでは決して使わない演奏奏法や、ジャズならではの指使い、弓づかい、クラシックでは絶対教えないとんでもない運指方法など、多少は経験のあるところを、少しずつ、テキストの形にしていくことで、ポピュラー曲を自由自在にバイオリンで演奏したい、という方に練習の指針ぐらいはお伝えできるような気がしてきています。

いままで、何気なく、実践してきた弾きかたを、こんどは、もういちど、客観的に見つめなおして、なにを、どうしたいから、この弾きかたをしているのか、とか(また、硬いなぁ)、考え考え、でも、わかりやすく、伝えるにはどうしたらいいのだろうとか、大きなチャレンジです。。

でも、教えることは教わること、でもあると、考えて、やっていこうと思います。またまた古い話ですが、トロイを発掘したシュリーマンはギリシア語を覚えるために、生徒を雇って(つまり先生が生徒に月謝を払う)ギリシア語を教えたという有名な話があります。教わるより教えたほうがよっぽど身につくとの逆説的発想ですが、彼はこの方法でギリシア語を習得し、イーリアスとオヂュッセイを読み込み、ストーリーに一致する地形を割り出してトロイを発見したということです。

ケイシもテキストを作り、何かを伝えようとすることで、何か演奏の発見ができるかも。。。と(そんな簡単なもんではないですが)。あたしいトライのなかから、何かを見つけたいと思ってます。



■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

ケイシ、バイオリンの先生修行中です バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる