バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS スタジオにお篭りしてきましたぁ。

<<   作成日時 : 2010/07/11 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ梅雨が終わらず。。でも今朝、初めて、せみの声も聞きました。今日は午前中、芸術創造館で1人で個人練習してきました。1人で中Bの部屋を使うなんて。。といっても一時間600円(ピアノなし、PAなし、アンプなし、部屋代のみ)ですが。。安いなぁ。最近はみんなよく知ってて本当に満員。。

今回は、新しく取り組み中の曲のテーマを追いかけることを中心にしてきました。

I Wan'na be Like You
Time after Time
Tea for Two

それから、本当に中身がぐちゃぐちゃになってしまって、自分であきれてやりなおしし始めた

It's Only a Paper Moon

2時間でしたが、みっちり、いい音の部屋でやってきました。

−−

なんで中Bにしたかというと、そのうち、この部屋で録音もしよっかなぁと思ってるので、録音の機材とレベルチェックを兼ねて練習したのです。

といっても、最近の録音機はとてもいいので、TASCAMのDR-07での一発録音でも、ライブ版としては、かなりいい線の録音ができてしまいまうのですが。。
今回はオンマイクを2本、ピアノとバイオリンに立てて、オンの2本をEDIROLのUA-25Ex
画像


を通してLet's Notoに録音して、DR-07との都合4ch録音をしようと思ってます。Let'sはR4ですが、この機種はHDの音も小さく、ほぼ無音(暗騒音程度の音という意味で)PCといっていいくらい静寂。UA-25Exは24ビット96kサンプルもでき、これだけで簡単な録音ならこなせてしまうのですが、やはり収録となると、オンマイクとオフマイクのダブルセットは欠かせないので、2台で4チャンネルを非同期で録音して、あとでYAMAHAのSOL2上で同期を取り直して4ch録音にするつもりです。

SOL2のVSTプラグインのFinalMasterでマスタリングをしているのですが、ほんとうに、このマスタリングは凄いですね。プリセットのCDマスタリングによくお世話になりますが、綺麗にとれただけの音が、気持ちよく聴ける音に鮮やかに変身。
画像


いままでは、録音を意識していなかったので、中Bの暗騒音レベルをあまり気にしていなかったのですが、今日、改めてDR-07
画像



で無音時収録もしてきて、聞きなおし、なんとか並の録音レベルとしては使えそうです。遮音があまりよくなくて隣の中Aの音が僅かに漏れるのと、壁の時計が一分おきに分針がカシャっとちいさな音を立てるものの、通常の録音なら、この音はマスクされて、聞こえないレベルでした。

マイクはそのその昔、ビクターの青山スタジオでの録音仕事でピアノ収録にも使った、AKGのSE3008を2本をつかうつもり。このマイク4本もってるので、あとベースとドラムスにもオン設定収録できるのですが、今回は、基本Duoのつもりなので2本かな。。返しの音はAUDIO-TechinicaのATM35

画像


でピックアップしてPAでフィードバックを返す構成にすれば、いい感じで録音できそうです。

DR-07だけでも、音としてはちゃんととれるのですが、ちゃんとマスタリングするには、あとから楽器間のバランスをとることも必要だし、楽器別にオンマイクを置いて収録をしておかないと楽器毎の空間エフェクト処理ができないので、これが最低限の構成ですが、小さいリュックに入ってしまうぐらい。重量も3Kgぐらいの機材でこの程度できてしまうなんて。。30年前に初めてミキサーを触ったころには考えられなかったですねぇ。

---
ま、いまのところ、以上のセッティングですが。いろいろ探していてすごいのを見つけました。ZoomのR16です。なんと8ch同時録音できて、16チャンネルのMTR機能付で、ポータブルで激安です。年寄りくさいことばかりいうと恥ずかしいのですが、ケイシの若かりしころ、こんなマルチトラックのはスチューダのスタジオコンソールぐらいしかなかったなぁ。それも32チャンネルはまだアナログで8チャンネルのデジタルがようやく出たばかりだったなぁ。8ch機が職場にあったけど、若造は触らせてももらえなかったなぁ。すごいなぁ。こんな時代が来るなんて。

これがあれば、中Bスタジオで8本マイクで1発取りできますよーー。3万4千円だよ。。うそみたい。スチューダの千分の1だよーー。

画像


ではでは。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

スタジオにお篭りしてきましたぁ。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる