バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ミッテンバルト ・ オクトーバフェストの季節がもうすぐです。

<<   作成日時 : 2010/08/13 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑くて、毎日、ビールが手放せない。ウイークデイは普段は休肝日なのですが、8月のこの2週間は、自分を甘やかしています。というか、我慢できないねぇ。

ビールといえば、ドイツ、ミュンヘン。このドイツの南の大都市のさらに南、インスブルックとの国境に、ミッテンバルトはあります。といっても、知らない方も多いでしょうねぇ。

ミッテンバルトは、イタリアのクレモナとはまた一味違った、バイオリンの町、木工の町です。カルバンディル山の麓にひろがる小さい町は、とても美しいフレスコ画に彩られて、国際的な観光としては無名の町ですが、美しい、おとぎの国のような町で、ドイツのバイオリンは作られています。

この町は、標高が高く、六甲山の山頂にあるような位置なので、初秋9月にもう寒くなり、10月になると、メイプルの枯葉で町の道がいっぱいになってしまいます。山にあるメインの広葉樹はメイプル、そして、針葉樹はスプルースと、バイオリンの素材に囲まれたこの町で、最初のバイオリン作りの名人、ヤーコブ・シュタイナーがあらわれ、そのバイオリンの音のよさで、有名になったのです。シュタイナーは、かの、アントニオ・ストラディバリにも影響を与え、そして、その後に、マティアス・クロッツを筆頭とする、クロッツファミリーがドイツのバイオリン作りを牽引していきます。

クロッツのバイオリンをはじめ、ドイツのバイオリンは、イタリアンのような華やかな赤、黄色ではなく、どちらかというとくすんだ茶色で、見た目は地味です。ドイツ人の質実があらわれるような、丁寧ながっちりしたバイオリン(ドイツ語ではガイゲといいます)です。

もうすぐ10月、ドイツでは、オクトーバフェスト、ビール祭りの季節です。ミュンヘンのビアホールのステージでは、チロルの民謡やジプシーの歌、バンドネオンとともにバイオリンが民謡を奏で、ドイツ人はテーブルの上に上がって、大きな体をゆすって歌い踊り、そしてビールを飲むのです。この季節にしかない、オクトーバのビールが各ビールメーカから出荷され、それはそれは、ビール好きにはたまらない、季節です。うーん、もう一度行きたいなぁ。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

ミッテンバルト ・ オクトーバフェストの季節がもうすぐです。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる