バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ピアソラを少し。。音楽をジプシーしてます。。

<<   作成日時 : 2010/10/31 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バイオリン弾きがよくピアソラ(Astor Piazzolla)のLibertangoを弾いているのですが。。。私としては、この曲は何度やってみても、ピンと来ません。そんななか、人に教えられて、ピアソラのObliviion(忘却)を聴いて、少し弾いてみようかと思い、楽譜を探して、印刷していたのですが、弾く時間がなくて、今日、初めて弾いてみました。

ピアソラのバンドネオンの感じとは、バイオリンで弾くとまた、違った感じになるのですが、この曲のテーマは、しみじみといいですね。。美くしすぎて、うっかり弾くと、とっても嫌味になってしまうので、清楚な心がないと、うかつには弾けない難しい曲。。そんな感じです。

サビからは。。たぶん、当時としては斬新だったのでしょうねぇ。今、聞くとやや古めかしく感じます。。でも、すごく、いいメロなので、今聞くとドラマのBGMっぽくも感じてしまう、このメロを題材に何か、さまよう心をつぎ込んで、アグレッシブなリフを考えてみたくなってきました。幸せな不安。。このサビには、奥深いイメージを感じます。

ピアソラはタンゴというより、タンゴをルーツに持つ現代の作曲家というべきなのでしょうね。タンゴのジャンルにとどまらず、いろんないい音を編み出していきたい。。きっと、そんな衝動があったのではと感じます。バイオリンで、こういう世界を、少し描きだしてみたくなってきました。音楽ジプシーとしては、なにかを得たくなる曲ですね。

そうそう、ジプシーは差別語っていう方もあって、GypsySwingが音楽ルーツの私としては、かなり戸惑うのですが、私的には、ジプシーは、何かを求めてさまよう心そのもの、いろんなジャンルの音楽から、いい音を少しでも取り入れたい、切なく積極的な歩み。。という語感なので、いわゆる、ロマの人々を差別する用語としてのジプシーから派生して、すっかり、一般的な単語として、問題なく使っていい言葉だと思っているのです。。ま、これは、感じ方の問題なので、正しい答えはないのでしょうが。。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

ピアソラを少し。。音楽をジプシーしてます。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる