バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 歌うように弾く。。

<<   作成日時 : 2011/04/22 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

★ケイシの1stアルバム「アマレーナ」9/15発売予定!------
画像
画像


このあいだ、リバプールで、Yaちゃんがケイシのバイオリンは、歌ってるみたいや。と言ってくれて、ちょっと、嬉しい気分です。ジャズの理論を理解したり、実践したりするのは、頭がどうしてもついていかなくてってところはあって、勉強としてのジャズのりくつはしっかり勉強するとしても。。ふつうに、心のままに。。しかできないんだよね。

でも、しっかり勉強するなら、この1冊。

小山大宣著 JAZZ THEORY WORKSHOP (JAZZ理論講座 初級編)武蔵野音楽学院出版部発行

なぜか?この理論書、まったく論理に矛盾がないのです。特に108ページから113ページの表がしっかりしています。どうしてそういえるか?実は何冊かのJAZZ理論書を元に、コード進行を解析するプログラムを作ってみたことがあるから。

参考に10冊ぐらい、理論?と銘打った書籍を購入して、書いてあることをアルゴリズムにしてみましたが、どれもこれも駄目でした。きちっと、ごまかしなく、分析するプログラムを書こうとすると、他の書籍の内容は、中途半端で、正確に体系化されていなくて、プログラムが矛盾だらけになってしまいました。

でも、この著書はちがって、ほぼ、108ページから113ページは完全にプログラム化が可能です。(やってみたんだから、間違いないです!)

だから、勉強するならこの本ですね。でも、これ、理解してリアルタイムに判断して、アドリブするのは、超天才ですね。実際には、コード進行を事前によくアナリーゼして、スケール展開をして、アドリブフレーズ(というか、ジャズ的アレンジフレーズ)を推敲重ねるための理論と、頭の回転が鈍足なケイシには、それが理論と。

で、実際の演奏は?それは、感性と経験と、?ひらめき? かな。凡人としては。
そう、でつまるところは。。

歌うように弾く!、それに尽きるんだよ。きっと。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バイオリンを抱えて彷徨うアドリブへの道。。
バイオリンを抱えて彷徨うアドリブへの道。。 ...続きを見る
ジプシー & ジャズバイオリン K氏のブ...
2011/05/24 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

歌うように弾く。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる