バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 作曲と編曲とアドリブ

<<   作成日時 : 2011/07/04 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、何がちがうでしょう。。作曲ってフレーズを作るだけでしょうか。。いえ、ハーモニーがあってはじめて曲になるのだから、作曲はかならず編曲を伴う。。そして、アドリブと呼ばれるフレージングは、フレーズにつけられたハーモニーをどこまでエクステンションして元のフレーズをさらに美しく輝かせるか。。

そうなら、3者にあまり大きな違いはない、逆説的にアドリブはハーモニーを通じて作曲に回帰していくことなのかもしれない。だとすると、アドリブと即興とはなかなか一致しないだろうね。

一方で、初見でその場で合奏をするためのアドリブもある。コード進行から外れを弾かないことをアドリブというのならばそれはそれほど難しいことではない。転調をするところで、行く先のスケールが見えていれば、とりあえずは安全走行できるかも。。。でも、けっこうそれも脱輪しやすかったりするけど。。

つまるところ、アドリブといいながら、即興といいながら、結構な分量の弾きこみはする。。たぶん、普通はするんだと思う。。その中で体の中に作りこむアドリブは、たぶん、もはや、編曲のバリエーションに近くなっていく。。ということは、アドリブの練習というのは、テーマのバリエーションをどこまで編曲として引き出しに入れておくのか。ということなんだと思う。一般的には。。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

作曲と編曲とアドリブ バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる