バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 自分の弾いたバイオリンの音を聞いて、ギョッとしなくなるまでに、何年を費やしただろう。。

<<   作成日時 : 2011/09/26 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バイオリンの弦と弓、そして指を接点として体全体で、正しい音程と、しっかりとした自分の発音を身に着けるまで、ほんとうに長い時間がかかる。

バイオリンを独学で長い間続けることができる人は、それの粘り力だけで、十分、賞賛に値する。長い間かかって身に付けたバイオリンの発声は、その人自身の第二の声帯といってもいいかもしれない。

自分の声として、大事にしよう。そして、ちゃんと、呼吸をしながら、ブレスをしながら、歌おう。歌う曲は?、なんでもいい。自分の好きな歌を、バイオリンで弾き歌う。。

そうやって、すこしずつ、楽しんで歌える曲が増えていくことと、声がよくなっていくのは、いっしょにすすんでいく。そして、自分の録音を聞いて、ギョッとした時代は過ぎ去り。。この世で一番ここちよい音になる。。

自分の歌を子守唄に、いちばん、リラックスできる音になるように。。気楽に、力を抜いて、今日も歌いましょう。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

自分の弾いたバイオリンの音を聞いて、ギョッとしなくなるまでに、何年を費やしただろう。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる