バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS バイオリン製作用のノミ、宝物。

<<   作成日時 : 2011/10/19 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バイオリンの製作の大半は、表板と裏板の手ノミでの削り。。

今はNC自動機で大量高速に板を加工できるので、調べればすぐわかりますが、バイオリンの表、裏板の基本サイズに機械加工済みの素材を買った方が、はるかに、コスト的には安く楽器をつくることができます。

が、しかし、ハンドクラフトマンとしては。。プライドが。。。ってとこもあります。。

プロとして製作するのでなければ、一生に1台から2〜3台作れたら十分。。。その中でどれほど、工具に投資するか??それはその人それぞれに違うのでしょうが、

画像


製作のプロセス、工具、など、すべて、バイオリンについては、恋しているKeishi♪としては、道具たちにも、心からの愛情を注いでしまうのです。

写真の手ノミ、わかりますでしょうか?普通のノミは、かなづちや木づちでお尻を叩くので、叩かれても大丈夫なように金輪がはまっているのですが、このノミのお尻はそうはなっていません。

あくまで、彫刻刀のように、手で押して板を削るのです。1700年代のストラディバリのように、1600年代のアマティのように。。。じっさい、手のひらが豆だらけになります。。。

そうやって、過去の名工たち汗と知恵と技の結晶を弾いているのだよ。。っていうことも、バイオリン弾きとしては、知っておくべき素養かもしれません。

ま、知らなくても、演奏はできますが。。Keishi♪的には、知っておきたい、大事なことがらです。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

バイオリン製作用のノミ、宝物。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる