バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 赤ちゃんの最初の微笑みで生まれる妖精のような、淡い、やわらかな音を、音符にしなくては。。

<<   作成日時 : 2011/12/29 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わかってる。。音符にしないといけないのは。。

でも、録音を聴いてしまう。。自分の音を、生まれたてのまま、なにも加工せず、とまったり、弾きなおした音を。

なんでだろう。。さっと、音符にしないのは、やればすぐにできることなのにね。。

っていうか、頭の中ではちゃんと音名で鳴ってるから、音符にしなくてもいいっていうところもあるのかもしれない。。

絶対的な音感というものは、音楽をする上で必須ではないにしろ、

便利な、というか、音楽家としてはとても楽であることは間違いない。

でも、そういうことと、音符にかかない性分とは違うよねぇ。。たぶん、

納得するまで、生み出しのプロセスを反芻したいんだと思う。。

ささっと、音符に丸めてしまうと、消えてしまう淡いニュアンス。。

それこそ、生まれたての赤ちゃんの最初の微笑みで生まれる妖精のような、はかなく、淡い、やわらかい心。。

そういった、微妙なものが、確実に心にしみ残るまでは、何度も聞き返したいのかもしれないね。。

意識的に生み出そうとしたフレーズより、

普段、なにげに、即興で弾き流しているフレーズの中に、生の自分の心はそのまま反映されている。。

普段の生活では誰にもみせない、生身の、ほんとうにやわらかい心がそこにはある。

録音して、聞き返す、その心が気持ちよ過ぎて、なかなか、音符にできない。。

そういうこともある。。

そう、そういうところは、普段の生活の態度にもそのままかもしれない。。

心の中には沢山の思いがあって、それを組み立てて、組み立てなおして、やりなおして。。

なんども、心の中を行き来した思いだけを、言葉にするところが、たしかにあって、、

思いつきで、いきがかりで、ぶつかった問いかけや、とげのある言葉には即応できない。。

私からすると、そういう言葉も、しっかり何度も反芻されて、投げかけられたと感じるし、

そうだとすると、とても、深くて、怖くて、反応できない。

そうでなく、思いつきで、口に出た言葉であっても、

結果的な不意打ちでも、やはり戸惑うし、困るし、正直、傷だらけになってしまう。。

もう、これでいい、と、しっかりと、心に決めるまで、できるだけ、言葉に出さない。。。

そういう、習慣が、そのまま、曲作りにも出てるのかもしれない。。

だとしたら、納得いって、ホッとため息ついて、

自然に音符に書き留めるまで、自分を待ってやっていもいいのかもしれない。。

納得がいくまで、聞き返し、弾きなおし、それから、音符にする。。

それが、もしかしたら、自分流。。

ありたい、自分なのかもしれないね。。

あせらず、スローにいこうか。。




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

赤ちゃんの最初の微笑みで生まれる妖精のような、淡い、やわらかな音を、音符にしなくては。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる