バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 生み出す力と演奏力には強い関係があるんだなと、つくづく。。

<<   作成日時 : 2011/12/11 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録音を流しながら、Vlnを弾いて。。かなり色んなフレーズバリエーションが出てくるようになったなぁと思う。。一方で、じゃPfでと。。あきませんね。。演奏力がなさ過ぎるんですね。。演奏力がないから、思いとは別に手癖でしか弾けない。。

そう、アドリブは手癖か?っていうよくある議論にもつながるけれど、結局演奏力がないと、イマジネーションを音に出来ないから手癖にしかならない。。それっきゃ弾けない。。

でも、演奏力が上がるとイマジネーションと演奏がほぼ一致するようになってくる。Vlnではそれができる。。かなって感じなんですね、今のところ。。

なので、Vlnを今、いっぱい録音している。そして聴きかえす。。いい感じのフレーズを切り出す。。なんか、新しいアプローチだけれど、こういう音楽作りもあるってことなのかな。。と思い始めている。。

スタンダードでもクラシックでもなく。。

あえていうなら、心の中にあった音楽を、ようやく、形にして体の中から取り出して、楽譜にする。作曲をするのではない、心が歌うのをそのまま、楽譜にしていくだけだと。

そうして、取り出した心を音にしていく。。作曲ということに、いままで、取り組めなかった、取り組もうとしてもできなかった理由はそういうことだったんだね。。

そういう意味で、セッションはとても大切な通過点であり、そして、たぶん通過しきれない永遠の道なのかもしれない。でも、セッションのジャンルは、どんどん広げて、SwingはBossaはだけでなく、いろんなリズムに、取り組まないといけないんだと、思う。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

生み出す力と演奏力には強い関係があるんだなと、つくづく。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる