バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 再履修中のコード構成、「Cメジャー初版(rev0.9)、コード構成表」に整理、表をアップしました。

<<   作成日時 : 2012/01/15 14:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


先日から、はじめていた、コード構成表。。

先日、ゲラで一回アップしましたが、不十分で使えなかったので、

理屈だけでなく、実用的に使えるように作ってみました。A4で1枚です。

画像

・上段の表が、まずは、Cメジャースケール上のダイアトニックコードの構成、テンション構成

・中段の表はノン・ダイアトニックコードの構成、テンション構成

・下段の表はセカンダリ・ドミナントとして現れるコードの構成を、テンション構成

・Noteは、実際のバッキング演奏での演奏パターンの基本

この表を1枚プリントして、Cメジャーの曲のリード譜1枚と並べて。。

ピアノを弾いてみました。。

結論、使えるんじゃないでしょうか。。

理論は理論で本を読むものの、具体的な曲に理論のあてはめをどうしていくか。。

ちゃんと勉強して、体にしみこんでいる人はともかくとして、只今勉強中。。の場合、

理論書をあちらこちら参照しながら、曲を弾くのって、すごく効率わるい。。

すくなくとも、私は面倒くさい。。

この表を横に置いて、なら、いろいろ、試行錯誤するにも、それなりの、ガイドラインとして

機能しそうな感じです。。

あと、工夫としては、Ex.Form(Keishi♪流拡張フォーム)の欄が各表にあります。

ポップス系から入って、一応、テンションなしのコードまではよく覚えているけど、

テンションを覚えるのが。。っていう、現状から、対応するテンションを7thか9thを

仮想的にルートとみなしてみたら、どういう構成にになるか、コード名で書いてみました。

理論的には、まったく意味のないコード名ですが、一目で構成音をつかむには、便利です。

ま、邪道といえば邪道なので、理屈としてはEx.Formは決して語られてはならないのですが。。

でも、便利かも。です。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

再履修中のコード構成、「Cメジャー初版(rev0.9)、コード構成表」に整理、表をアップしました。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる