バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 演奏技術本質はジャンルに係わらず普遍なもの、判っていながら放置した欠点を、修正すべきなのだろう。。

<<   作成日時 : 2012/04/14 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

音が、心に描いた輪郭にならないのは、右手の指使いがまずいからと、判っている。。

それは、多くの先生から指摘され、修正に修正を重ねてきたことだけれど、

完全には、心に描いたアウトラインに音を載せることができない、というか、

きっちりと載せたいフレーズに行き着いた今、もう一歩、精度の高い、輪郭が欲しい。。

小手先のごまかしではなく、100%確実にヒットする技術が、今弾きたい曲には必要になっている。

先日、Twitterでたまたま見かけた、ケイシードリーセンと中西俊博の両達人のフォト。。

写真から音が聞こえそうな。。。お手本とすべき、すばらしいフォームですね。。

YouTubeで動画を見ましたか?このフォームから繰り出される美しい音たち。。

画像



そして、先日、うみねこさんで見せていただいた、ベースさんの弓づかい、

あの柔らかさ、たゆみない、とつとつと音の流れ、そういう音を形づくるには、

確かな、間違いのない、運弓の技術が必要だ。。

折りしも、ピンポイントに、指弓が上手になるには?と、質問を受けた。。

指弓を疎かにしてきた私から、今、一言で助言をするなら、技術ではない、

ほんとうに、なめらかな指弓を必要とする大好きなフレーズを見つけなさい、

そして、それが、なっとくいくまで、心に描いたとおりの美しい輪郭になるまで練習しなさい。

そうすれば、あなたにとって、今必要なレベルの指弓は自然と形成されます。。

でも、もっと、高度な指弓が必要な曲にであう日もまたやってくるのです。。

そうしたら、また、練習するしかありません。それが、いくつになってからであっても。。

そう、私にとっても、それは、また、今、何度目かのそのときが来ているように思う。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

演奏技術本質はジャンルに係わらず普遍なもの、判っていながら放置した欠点を、修正すべきなのだろう。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる