バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 編曲のワークステーションをうまく構築しないといけないな。。キーボードのリサーチを開始。。

<<   作成日時 : 2012/05/03 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

編曲を勉強するべきなのだけれど。。すくなくとも、デモ曲状態に一度作ってから、そこから、スクラップビルドをしていく手順をつくりたい。そう思うと、リアルタイムで、例えばYAMAHAのMOTIFとかで弾いてみたいかな。。って思い始めて、調べ始めました。この記事は調べた内容を次第に追記していきますね。。まずは、記事タイトルのスタートまで。。です。

--
まず、目的をはっきりしておきましょう。。これは私の性分、目的がわからなくなったら、何を基準に判断したらいいかわからなくなってしまいます。。もちろん、目的なくっても欲しい!が基準でも一向にかまわないのですが。。

で、整理してみましょう。

・まず、大目的は、本格的にディテイルを編曲前のプリプロのその前のイメージサンプルの作成。作成の前提条件として楽曲のモチーフ(この場合、メロディとダイアトニックコードでの和声)は作成済み。としましょう。
その後、しないといけないことが色々ありますが、作業をざっと5つに分けてみましょう。順序は別にこの順でなくてもいいし、人によって作業の手順は違うのでしょうが。。

1)リズムセクションの追加、
2)カウンターパートの追加、
3)和声の展開
4)コーラス数、繰り返し数の構成など
5)イントロ、エンディングの構成

このうち、1)2)そして3)の作業の内容と作業効率をヘルプしてくれる機器・環境を作りたい。
という目的で見ていきましょう。。

あ、それから、音源の音質性能として、ステージ/プリプロダクションレベルの音源制作に仕様できる
レベル、ということが、作業性とは別に質的な必須条件となります。。

・まずは、

◆YAMAHAのMOTIF XF6がいいかなぁ。。と思ったのだけれど、これは、ちょっと高いなぁ。。
http://jp.yamaha.com/products/music-production/synthesizers/motif_xf/?mode=series
実勢22万円超え。。でも、デモ演奏を見ると、めちゃくちゃ欲しくなる。。まさに、これさえあれば。。っていう
魅力オーラ十分ですね。。

◆YAMAHAのMOX6を調べてみた。。実勢価格で10万円を切ってるね。。
http://jp.yamaha.com/products/music-production/synthesizers/mox_series/?mode=series#tab=feature
YAMAHAの公式サイトでYouTubeでビデオ説明がある。。なかなかいいですね。

ただ、デモンストレータが上手にオペレーションしているっていう点がね。。自分でここまで、すばやくオペレーションできるか??はかなり差分を考えておいた方がよさそうだけれど。。

説明のビデオが全部英語だけど、とっても平明な英語で判りやすい。

よい点というか、今欲しい、リアルタイムでの1)2)の試行錯誤のスピードがアップできそうなところ。。

◆YAMAHAのMM6は、
http://jp.yamaha.com/products/music-production/synthesizers/mm/?mode=series#tab=audio_and_video
デモ演奏は派手につくってあるなぁ。。1つ1つの音は。。特にf特のHiづまり感。。生楽器と合わせたときにどうだろう。すこし、難しいくないか。。でも、これもとってもいい音ですよ、もちろん。価格も5万円以下。。難点は、
リリースが2007年かな。。この世界の改良の速度を考えると。。新機種に比べて。。って考えてしまうね。

◇機材で溢れてる机のまわりはどうするのよ。。と、内なる声
・はい、既存の機材でも活用できるのではってことは考えておく必要はある。

たとえば?YAMAHAのMU80、MU100、音源としては一世を風靡。。といっても、もう20年前の音源。。
使えなくはないのだけれど、

・DAWのソフトをもっと活用してはどうよ。。たとえば、SOL2やXG−Worksのアレンジャーとか。。
うん、そういわれるとね、つらいものはある。。でも、DAWで打ち込みアレンジにかける時間とそのアウトプットを考えたときに、使えるアウトプットが作れるか?というと、そこが、なんとかならないかなぁって。。

・これさえ在れば。。っていうことなんだろうけど、結局使わない?っていうケース、多くない?
う、、そこをつかれると痛いな。。

などという葛藤をしているわけ。。です。。

◆ざっと調べたところでは、現状はMOX6が最有力かな。。と感じているのですが、さてさて。。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

編曲のワークステーションをうまく構築しないといけないな。。キーボードのリサーチを開始。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる