バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS My Will こういう曲は弾かないようにと、誓ったわけではないけど、弾いてたね。。でも、いいかも。

<<   作成日時 : 2012/05/29 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これは、バイオリンで艶やかに唄う歌、艶歌だな、1950年よりも前の空気が漂う。。和製洋楽、って、別に嫌なわけではなく、何が新しいのかといわれれば、別に。。っていう曲かもしれない。。

でも、じわじわっと、心にしみこみ、そして、こころから唄えるような、そういう、曲にできるかもしれない。。仮の題名が、My Will 、もちろん、Will とは、意思、だけど、遺志、という意味もある、意味深い言葉。。

きのう、風邪で苦しいなぁと思いながら、うとうとしていたら、心の中に声がして、Will を弾け、と聴こえたのだけれど、ずっとまえに、このスケッチをしてたのは、すっかり忘れてた。。採譜する気持ちはぜんぜんなかったのだけれど、

この曲を聴きなおして、考えてみろっていう、そういう天の声だったのだろうか。。Willという題をつけたことも忘れて、録音集の塵になってたのだけれど。。

Muzettaの採譜がほぼできたので、こんどは、これを、採譜しようか。。

こんな一発弾きです。いっぱい、補う点がありますが、イメージは作れてますね。。進行はとても素直です。。素直すぎるぐらいです。。





(初めての方のために注釈、スケッチはほぼいつも心に浮かんだままの1回弾きで、弾き直しをしていません。うまれたまんまの、ファーストテイクですので、リズム、テンポ、譜割がずれまくりです。。採譜したあとで、また弾きなおす。。そういう流れです)

うーん、なんというか、おいおい、それないんじゃない。。っていう、ちょっと、イージーなアプローチかもしれないけれど、それもいんじゃない。。っていう、ノリで、もうすこし、時代が1965年ぐらいまでは。。(大差ないか。。)

こちらは、文字通り、仮の題がSong(歌)です。。





いま、ちょっと心身共に疲れて聴くと、こういう、無欲な、素直な、無理をしないフレーズも、なごんみ系、いいんじゃない。。と、われながら素直に思うのですが。。

いかがなもんでしょうね。。ぇ。。ね。どう思いますか?


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

My Will こういう曲は弾かないようにと、誓ったわけではないけど、弾いてたね。。でも、いいかも。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる