バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS Matt ClaserがまとめたG.Pの演奏スタイルを1つずつ、紐解きなおしてみよう。。

<<   作成日時 : 2012/07/23 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


”Jazz Violin” by Matt Claser and Stephane Grappelli


この本は、Kazutoが昔入手して、コピーしてくれた分だが、拾い読みしかできてなくて、ちゃんと読み込んでない。。

このあいだのSweetLorreinで少し参照したけれど。。

あらためて、この本から少し、題材をとって、G.Pの演奏スタイルをもう一度、勉強しなおしてみよう。。

自分のことばで、G.Pの演奏スタイルへの理解をちゃんと説明できるようにするのも、一つのプロセスだろう。。

偉大な先人が、あまりに偉大すぎて、ここ3年少しは、聴かないよう。。コピーもしないよう。。してきたのだけれど。。

(先日、Tea for two で行き詰ったときは遂に聴いてしまいましたが。。)

もう、そういう、つっぱりは必要はない。。Keishi♪演奏スタイルは、G.Pとは違う、なにか、別のものをしっかりと目指している。。

G.Pに戻るのではなく、G.Pにもう一度、教わろう。。いろんな、バリエーションが、どういうプロセスから生まれてきているのかを。。

不遜ながら、それを、もう一度勉強しなおす、自分なりに解析、理解することで、なにか、一歩前進できそうな予感がしているのだ。。

そう、時が来た。。っていう、感じかもしれない。。手がとどきそうな気がしている。。求めてきたなにかに。。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

Matt ClaserがまとめたG.Pの演奏スタイルを1つずつ、紐解きなおしてみよう。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる