バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 「コード職人」分析の例、入力画面、分析出力画面、の一例、曲はSHINE

<<   作成日時 : 2012/07/31 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自作ソフト、「コード職人」でコードプログレスを、自動分析。。

といっても、その、自動のアルゴリズムは、自分でプログラムして組み込みしたのだから、

要は、私が理解した、コードプログレスの理論を、100万遍やっても、まちがいなく、繰り返してくれるのが、

この「コード職人」というわけだ。。

古典的なSwing曲を S-H-I-N-E で分析しながら、

インプロバイゼーションで出てくるテンションノートをコードプログレスから眺めなおすと、

何が見えるのか。。試してみよう。 

1)入力画面
画像


こういうふうに、表にして入力。。32小節1曲入力するのに10分〜15分ぐらいかな。。

2)分析出力

これは、分析タブをクリックすると、もうできている。。アベイラブルスケールの選択肢も表示され、
選択したスケールノートとテンションが表示される。。
画像

これと、インプロバイゼーションのコピー採譜を見比べながら、どういう必然性があるのかを考察する。。
ブルーノートが出てくる必然性のあるところ、ないところも、、、


3)ボイシングを代替していく。。

ここでは、D7->G7->Cのプログレスを、D7->Db7->G7->D7->G7->C と代替を繰りかえして、複雑怪奇??に
してみました。。ま、実験です。

こういうことを繰り返していこうとすると、マルコフ連鎖性の強い、コードプログレスの分析は1箇所変えると連鎖的に曲の後ろがすべて変わってしまうこともあるわけで、人手で繰り返すには限界もありますね。。

5年前につくったプログラムですが、なかなか、役にたちます。。
できることは、できるときに、やっておくものだわ。。




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

「コード職人」分析の例、入力画面、分析出力画面、の一例、曲はSHINE バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる