バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS スコアメーカの公式?ブログってあるんだね。。

<<   作成日時 : 2012/09/26 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ、かなり、評価版を使い込んで、だいたい、目星がついてきたってところでしょうか。。

FX6の内蔵音源のグランドピアノに特異に心ひかれるアコースティック感があって、これだけでも「買い」かもしれません。

いろいろ、あの手この手工夫してみましたが、どうしても、VSTi音源として独立して鳴らすのは難しいようです。。

これをVSTiのGM2音源として使えるようにしてくれたらいいな。。と、思います。。

KAWAIサイドの戦略は、この音源をFX6の中で使えるインセンティブが、FX6の存在感というところかもしれません。。

ま、ともあれ、できること、できないこと、大体見えました。。

あと、VSTiを組み込んだときに、VSTiにプログラムチェンジを送る方法がわかれば、とりあえず、最低限必要な評価は完了でしょうか。。

これを機会に手持ちのVSTi(知らないあいだにバンドルソフトについてきた分)も含めて整理してみましたが、結局のところ、その昔に導入した、EDIROLのSuperQualtedを再活用すべし。。というところに落ち着きました。。

SQはピアノ、ベース、ギター、ドラムのまさにカルテッド作り用の音源で、一瞬だけハード音源として売られたようなのですが、私はこれのVSTi版そ10年ぐらい前から使ってて、まだ、これが使える。。ってこと。。丈夫で長持ちです。

あ、スコアメーカーのブログでしたね。。http://sstyle.blog.kawai.co.jp/ です。

ということで、DTMにスコアメーカー、DAWにSOL2、音源にvstのYXG50とハードのMU100と、そしてvstのSQという構成で、KAWAI、YAMAHA、ROLANDの名作の組み合わせ、に落ち着いたといったところです。。

あ、別に機材マニアをしてるわけではなくて、これで、音楽づくり、楽譜作りの環境の再整備をして、やりたいことがあるんです。。それは決めてますが、できてからのお楽しみ。。

いつも、なにかに、一心不乱。。です。。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

スコアメーカの公式?ブログってあるんだね。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる