バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS TOROのシープガット弦について、、調べてみました。。巻線のないガットのバイオリン弦、よさそうです。

<<   作成日時 : 2012/09/09 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◆昨日、大東楽器さんの楽器フェアにふらりと行ってきました。。。

いつもは、京阪守口にはピアノしかもってこられてなかった?(少なくとも私の行った時は)と思っていたのですが、バイオリンをイタリア、フランス、そして、アメリカ製などもってこられていたので、弾いて遊んで?しまいました。

・イタリアン210万円、、はい、イタリアの音です。華やかで、カンターレの香りたかく、高潔でまさにクラシックですね、このところイタリアの楽器は、とても仕上げが綺麗ですね。今回見せていただいたのは女性の作家の製作とのことでした。

・フランス58万円、、これは、旧のモアニエ(ミルクールの駒メーカを母体とした楽器メーカ)を母体とする量産メーカの製作者名付きとのことでした。。音は、フレンチの甘い甘い歌声ですね。。しっかりと、フレンチらしい音の出る楽器でした。普通ボディの厚みがイタリアは30mm、フレンチは30mm〜33mmでやや厚めの傾向ですが、このフレンチはそれほど厚くないように見えました。。

・アメリカ28万円(オールド仕上げ)、見た目をオールドっぽくしあげた、品のよいスタイルの楽器でした。音はイタリアでもなくフランスでもなく、さりとて、安物の音だけが大きいっていう感じではなく。。弾き始めはちょっと物足らない感じもしましたが、なんのなんの、弾き始めてみると。。素直なまっすぐな音で、ニュアンスをpppにしてもちゃんとついてくる、音量も質感も運弓にストレートについてきてくれる弾きやすい楽器でした。。この楽器は、お買い得だとおもいます。。(クラシックのソリストになるつもりだったらお薦めはしませんが・・、個人でソロを弾くにはいい感じだと思います)

※大東楽器さん、ありがとうございました。沢山弾かせていただき、どれもいい楽器で、よかったです。。

◆3台も弾かせてもらってる間に、いつのまにか、20年以上前に習っていた先生がたまたま、来ておられて、声をかけていただきました。。

・今はガット弦をつかってるということで、お店でバイオリンケースを開けてもらって見せていただきました。。
そして、シープガット弦について、

↓HPに書いてるから。。と情報をいただいたので、参照してみました。

シープガット弦(トピックス記事):
http://violino.blog.eonet.jp/default/2011/01/toro-7284.html#comment-52554503
http://violino.blog.eonet.jp/default/2011/07/toro3-9afe.html

そう、確かにE線のスチールの音って、好きじゃあないなぁと思いつつ、スチールしかないしと思っていたのですが。。ガットであるのですねぇ。むしろ、E線から試してみたいような気がします。

このところ、バイオリンを全部5度下げして、最高音弦がA線、低音がC線(ダダリオの5弦バイオリン用)に張り替えたアルト・バイオリンを自分で作って(弦を張り替えただけだけれどね)弾いてる感覚とおなじように、柔らかい高音が出せたら嬉しいなぁ。。なんて思ってしまいます。

(余談ですがダダリオがスチールコアなのでシンセコアのバイオリン用のC線をリサーチ探索中です。。)

閑話休題、で、

↓気になる価格は。。そんなに高くないっていうか、他の弦と大差ないようです。。
シープガット弦(購入):
http://coastaltrading.biz/viole.html

今、すこし弾き方を見直ししようと思ってるところなので、弦を変えて、気持ちを変えるというのもいいかもしれないな。。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

TOROのシープガット弦について、、調べてみました。。巻線のないガットのバイオリン弦、よさそうです。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる