バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 肩当の使いかたについて、ひとつの考えかたとして書いてみました。

<<   作成日時 : 2012/11/28 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Twitterで話題にしたので、ついでに、ブログにもう少し丁寧に書いておこうと思います。

肩当によって音は変わるっつうか、肩当を使う前提として、正しく使えばいい音への近道、、まちがった使い方をするなら邪魔でしかないかもしれない。

肩当がなければ、楽器の位置は演奏中にも、自由に変更できる(テクニックは必要ですが)ので、上級者の中には肩当をあえて使わない方ももちろん居られますし、それも、バイオリンの弾き方として、一つの方法です。

使う、使わないのどちらが正しいといった、正解のない議論をここではするつもりはありません。好みです。ただし、初心者に対してはまずは肩当を、わたしは使ったほうがいいと回答すると思います。

でも、それは正しくつかうことで、正しい効果がでるのであって、単に、楽に持てるから肩当をつけた。。それだけではよくありません。

体格に合わせて最適な位置に、そしていつも同じ位置に毎回付けることが大事です。付け位置が変わると弓と弦の当りの角度が変わって音が変わります。肩当によって音が変わるのはこの角度の調整が自分の体格にあった場所にできるかどうかなのだと思います。

この点について、たまたま、Twitterで会話する機会があったので、ここで、紹介しておきます。Tw:私の発言、、です。

Tw:うーん、やる気をかきたてられてしまいますね。昔、自分の備忘録にこんな絵を描きました。この角度の基本を自分の体格に合わせて決めておくのが、まずは分かりやすいかと。。

画像


※ちなみに、この絵を描いたのは30年くらい前のことかなと思います。。

Tw:角度が決まったときの、この足の位置をしっかり見て、覚えておくと、同じ持ち方ができます。持ち方を安定させて、弓が弦に当る角度、ネックに対する左の手のひらの角度を安定させる。肩当の使い方の要点かと思います。

画像


※この絵も、おそらく、30年近く前の絵です。。

もちろん、これは、水平な面に投影した角度であって、垂直面、つまり、バイオリンの頭の高さと首の関係ももちろん、毎回同じになるようにしなくてはいけないのですが、なにもかも一度には無理なので、まずは、水平面の考えかたをしっかりとすることから。。

もっと沢山の絵が残ってます。一部は三鬼日夫さんのテキストから写したものなので、勝手にはのせられませんが、私が書いたのだろうと(なにせ前のことで、記憶が。。。)思われる絵を、これから、すこしずつアップしていきましょうか。。


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

肩当の使いかたについて、ひとつの考えかたとして書いてみました。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる