バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS Djangologyの手書き譜面、出てきたついでに、スキャンしてアップ、、なくさないように..

<<   作成日時 : 2013/03/17 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

約30年前に、弾きたくて、書き起こした、Djangologyの耳コピ譜面がでてきました..

いままで、コピーもとらず、ファイル挟みに入ったままになってたので、

気がついた今、スキャンして、ついでになくさないようにアップしときます..

といっても、これ、完全なコピーでなないのであしからず..

ざっと、こんな具合に書き起こしておいて、あとは、耳コピで残ってるイメージで補完して..

ま、そんな具合に弾いてたわけです..

なんともいえないのは、1コーラス分がどこからどこまでで、コードがどうなってて..

みたいな概念が、まったく、このコピー譜面から、わかりません..

そもそも、そういう、概念、意識がまったくなかったってことです..

クラシックのように、延々と変遷していく、繰り返しのない曲構成でとらえていたんですね..

だから、なぜ、アドリブができるのか判らなかったってことです..

なんのことはない、1コーラスの構成を繰り返してるだけなんだよって..

この頃の私に教えてあげたいですわ..

そしたら、アドリブ演奏が、思ったより簡単にアプローチできるものだと..

判ったかもしれない..

そうなんですね..クラシックで音楽を学ぶと、

こういう、ポップスの単純な基本が、すぽっとすっぽ抜けるわけなんですわ..

私だけかもしれないけれどね..

ジャズって、簡単なんです、っていうか、簡単だからジャズなんであって、

それ以上でも、それ以下でも..

要するに、これは言ってはいけないことだろうけど..

ほんのそこそこの演奏技術で、さもありなんの演奏を、

なんとなく、うまーく、聞こえるように、ルールをしいて演奏しているうちに、

中でも上手な演奏者が、面白い音使いに気がついた..

それを、もっと発展させるために、マイルスのようなクールな

(頭を使った、インテリジェンスのある)ミュージシャンが発展させていった..

そういうものなので、黎明期のSwingでいく分には、理屈より慣れろってことになってくわけです..

--

あ、そうそう、Djangologyだったわ、手書きでYoungDjangoと書いてるけど、これはアルバム名ですわぁ..

なんといい加減な楽譜ですが、ご参考まで、備忘録、、

画像


画像


画像



■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

Djangologyの手書き譜面、出てきたついでに、スキャンしてアップ、、なくさないように.. バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる