バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ということで、ようやく、マヌーシュ・スイング、GypsySwingの演奏修正に着手しました!宣言..

<<   作成日時 : 2013/03/17 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


要するに、GypsySwingは初期のアメリカン・スイングと比較的相性がよかったということなんやね..

リズムもシンプルで単純な4拍子で、後になるほど後ろににもたれまくるスイングになっていったスイングが

そうなる前の、単純なイーブンを刻んでいたころのリズム感と、GypsySwingのリズムはほぼ合っていて..

たとえば、Sweet Lorrainのような曲なら、すこしゆっくり目に弾くと、もう、アメリカンだかヨーロピアンだか、

ただのSwingじゃん、と当時の人からみても、あまり区分けのないものだったんだと思う..

そういう意味では、古い古い初期のジャズと、GypsySwingは相性がいいのかもしれない..

でも、そこに歴然として違いがあると言うなら、GypsyScaleを使ったことによる、ツーファイブの音使いの違い..

6と9で7をサンドイッチにして積極的に7へのアプローチノートに6を使う、そこのところが、違う..

そして、それは、私はまだしっかりとは取り入れてはいない..

GypsySwingでは6を使うということは、常識的に言われていて、それは

ほんとうに、至るところで耳たこに聴くことなのだけれど..

だれも、それ以上の解説をしていない(少なくとも私の知る限り)

どこで、どう6と9を使うのか、今は殆ど私の中では整理できつつある..

なので、それを、譜面に起こして、実際の曲のどの局面にGypsyScaleが顔を出すのか、

整理して、かつ、それを弾いてみようと思っている。

だから、いま、本当に古い古い曲を弾いている。。

After You've Gone もそうだし、

先日たまたま、機会があって曲名がでてきた 

Honeysukle Roseなどでは、Glappelliのその典型的なフレーズを

コピーして整理しないといけない曲なのは、なにか、偶然以上にめぐりあわせのようにも感じる..

とにかく、そういう意味で、GypsySwingを弾くために、自分自身に足りなかったもの..

そこが見えてきたので、無心にそして考えを整理しつつ、弾いて弾いて弾いて、

確かめようという気持ちになってきています..

そして、いつもように時間はない..

だから、時間を作る、機会を作る..

そうやっていくしかないよね..と..




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

ということで、ようやく、マヌーシュ・スイング、GypsySwingの演奏修正に着手しました!宣言.. バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる