バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS とりあえず、Gypsyスケールを一望できるように表に..表にしといて、これと、楽譜を眺める..

<<   作成日時 : 2013/07/17 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まった、めんどくさいことに時間かけてぇ、、そんな暇があったら覚えろ!なんて、まだ、記憶力に過剰に自信のおありの方から、お叱りは覚悟で..

おぼえれるもんやったら覚えてみ、と、私は思う、毎度思い出しながら、楽譜にメモでスケール書きながら、しょっちゅう思い出し間違いして、へんてこりんな迷い路に入り込んで、能率のあがらないことをすることが、ええんかいと..

ごめんやけど、私にはそんな無駄をする時間はない..一度手間をかけて、あとは手間をかけない、ロスをしない。そういう合理的なことを考えないと、なんぼでも勉強せんとあかんことはあるんで、時間も労力もたらんのよ。。

というわけで、おもいっきり予防線は張って、こんなんつくりました。

まだ、アボイドも何も書いてないし、コードの機能も仮、USTもアボイドがきまらないと作れないのでブランク、そもそも、GypsyスケールをルートにするならF#(W#)などもルートにとる必要もあるし、、

きわめて中途半端ですが、まずは、早見用です..

でも、これだけみても、Tearsの途中のスケールがGypsyスケールの連続だってことが、一目瞭然になるような気がする。きっと間違いなくそうだ。。

Gypsyスケールを知らずにミミコピしようとして、どれだけ苦労したか..おばかといえばおバカだが、苦労したから、この表の値打ちもわかるって..

画像
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

とりあえず、Gypsyスケールを一望できるように表に..表にしといて、これと、楽譜を眺める.. バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる