バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS フリースタイルでのバイオリンのリズムやメロディそして楽譜などについて、、

<<   作成日時 : 2013/09/28 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


◆そもそものはじまり、

バイオリン楽譜を探して、私のブログを訪問されたかたから、メッセージをいただくことが稀にあります。珍しいところではバイオリンとオルパ(南米のハープ)でのセッションの記事からオルパの楽譜についてもお尋ねをいただいたりもしています。

共通しているのは、私の弾くフレージングって一般に出回っている楽譜で手に入るのか?っていうご質問ですね。

正確には回答し切れませんが、私が市販の楽譜で見てきた経験では、手に入りません、っていう回答になってしまいます。世界の森羅万象を知ってるわけでは、ありませんので、もしかしたら、あるのかもしれません。限られた経験の範囲です。

いろんな楽譜はでてます、ディズニーやジブリのテーマを弾く、映画音楽を弾く、結婚式・パーティ用曲集、なんていう楽譜は、バイオリンに限らず沢山ありますが、基本的に、元のテーマどおりのメロディ譜に、バイオリンで演奏するためのポジションと指番号指定、運弓指定などがかかれているので、バイオリン譜であって、それ以上ではないことがしばしばです。(多少フェイク譜面も出てきました、最近になって、、)

ブログ上の音も聞いていただいて、「グラッペリを彷彿、感動した」と最大級の賛辞おおっしゃっていただけることもあるのですが、いかんせん、私自身、ほとんど楽譜に書かずに弾いてますので、「長年弾いているけど上手にならない、楽譜があったら楽譜で練習したい」とのご質問には、なんとかお応えしたいと惹かれるものの、そういうアプローチは後回しにしてきているのも事実です。

一文、引用させていただくと、
『この楽譜って一般には出回っていないのでしょうか?教えて頂けると幸いです。』、、そうですね、この一言に、私もなんとかしたいとは思いましたが、いずれ、もしも楽譜を書くことがあったら、としか、残念ながらお応えできていませんでした。(今もですが)

そうですね、私もかつて30年ほど前は、参考になる楽譜を探しまわったのです、バイオリンをフリーに弾く、そのためには最初は真似して覚える楽譜がほしい、それは、切実なところなのですが、すっかり、忘れてしまっていたこともあり、すこし、考えなくてはと思い始めています。

だから、まず、弾いている内容をある程度、記録、固定できるように、その手順のひとつが、インテリ・メトロでもあるのです

◆で、どうしようとしてるのか、、

ジャズ・バイオリンという言葉に若干の抵抗感を込めて、あえて、最近は、フリースタイルと自称したりもしています。深遠なテーマになってしまうので、ジャズとは何か?という話はここでは横において、

フリースタイルとは、ひとことで言えば、ポップスを中心としたあらゆるリズム、あらゆるメロディに、バイオリンという楽器でアプローチする、ということですね。

だから、別に、雅楽であっても、サルサであっても、はたまた、ケチャ的なエスニックな楽曲であっても、それはべつに何を排斥するものではないのですが、

とはいえ、主にどのような構成の楽曲を弾くのかということもあって、インテリ・メトロシリーズ(別コラムが沢山ありますのでご参照くださいませ)のアプローチの中で自分自身を観察してみました。

結果、

◇リズムについては、

・軽快な曲は、サンバ、ジャズボッサ(というのも変な言葉ですが、サンバのジャズスタイルがボッサという流れからいえば、ジャズサンバ=ボッサでは、、ま、ここでのお題の上ではどっちでもいいことですが)、あるいは、ラテンジャズと言われるラテン系リズムでのアプローチが多くなっています。4分音符100〜160ぐらいのテンポで弾くことも多いようですね(って、私の傾向のことです)

・ゆったりな曲は、スロースイング、スイングバラッド(って、スロースイングと同じだと思うけど、、ま、そういう仕分けをしたがる場合もある、ま、これも、ここではどっちでもいいことですが)、ですね、そして、特にゆったりの曲では、ドラムスの音量をインテリ・メトロシリーズではぐっと絞ってます。

スローな曲は、大きな流れとしてのテンポ感はしっかりとキープしないといけない一方で、メロディ側では前に走り、後ろに遅れる、揺れる感覚をだしたいっていう欲求にかられます。生身のドラマーはちゃんとそれを察知してくれますが(ちゃんと前でうたっているプレーヤーのお尻の揺れを見つめながら叩いてくださる方であればですが)トレーニング用の打ち込みはそういかないから、邪魔ってこともあります。

・そして、いわゆる、ジャズ・スイング、これは1小節を4つカウントでの場合には、やはり、ジャズの成り立ちとしてのこのリズムは私にとっても重要なリズムですね。ですが、スピードに乗れないという弱点(を私は感じます)があって、スイング感を抑え目にできれば、ま、それが弾き方の目標でもあります。

◇メロディについては

そう、そして、メロディになるわけで、これから、メロディを楽譜用に固定するなら(3rdポジションが少し弾けるようになってきた程度のレベルの演奏技術でまかなえる範囲で)、、それをテーマにしていこうとしているわけです。曲の数は都合50曲をいったんの目標、フリーという意味だけでも、弾いてきた曲は100曲を超えるので、本当は全部やりたいのですが、50曲でもやり切れる自信はまだ、いまのところ、皆目不明なので、、、

ということです、、この続きはまた、別コラムに書くこととしましょう、、
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

フリースタイルでのバイオリンのリズムやメロディそして楽譜などについて、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる