バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS S-H-I-N-E の楽譜をえっちらおっちらと、整理、、

<<   作成日時 : 2013/10/17 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


Shine、SweetGerogiaBrown、I Can'tBeleive that You Are in Love with Me、Undecided、などなど、Swing Violinの定番の曲たち、、

楽譜を整理したり、音源を整理したり、いろいろ、やってきたことを、いよいよ、ちゃんと整理していこうとしている。

テーマとアドリブを対比できるように、複数のアドリブも見比べることができるように、そういう楽譜構成って、本当はしっかりと自分でいろんなことを、見て、聴いて、考えるのには必要なのだけれど、

だけど、なかなか、そこまではやらない。そう、私もしてこなかった。材料はずっと集めてきていたけど、自分で工夫してフレーズを編み出すことを、やり続けているあいだ、手をつけるのは横においてきた。

そして、自分でできることを、いろんなやり方で工夫しつくして、もう、今のやり方だと、新しいものは、自分自身からは出てきそうになくなってきた、いま、手をつけはじめた、、

まだ、足りていないもの、知らないものを見つけるために、、

以前だったら、若いころだったら、闇雲にコピー演奏をしようとしただろうけど、、今はそうはしない、そうしないことがわかったからこそ、コピー譜面と、冷静に格闘できる、、

なぜ、彼はこう弾いたのか、、どうして、その音がここに置かれたのか、、偶然だけではない、洗練されたアドリブフレーズに、なにがどう埋め込まれているのか、、

そういったこと、、

しっかりと、つぼにはまったアドリブと、流したアドリブと、はっきりに詰まって逃げてる部分と、いわば、しまった、と、おそらく本人も思いつつリカバーしているフレーズと、そういうものが、いろいろ弾いてきた今は、あるていど、目利きできそうな感じがする、

知りたいのは、しっかりとツボを捕らえているフレーズ、それと、そのフレーズのつなぎのテクニック、そこがどうなっているのか、、そこに、先人の本質的なセンス、普遍的なセンスが、ある程度、定型化されたイディオムの用法として整理されるのを待っていると、思っている。

他方で、GuitterSwingのフレーズを整理した別の書物もある、、GuitterでDjangoが編み出したフレーズをViolinでGrappelliがどう踏襲し変形しているか、あるいは、同じフレーズを使っているところ、相互の関係も、見比べ材料になると思ってる、、

このところ、いろいろ、同時に進めてる、、インテリ・メトロのトレーニング、バイオリン・スイングの楽譜分析、バイオリンの製作、そして、ハンガリアンやスパニッシュのロマスケールとバイオリン・スイングでのスケールの関係、、

それらが、それぞればらばらでなく、一体として、ひとつの方向に向かって、同時進行させなければならない事柄、、ある意味、一気に並べて進めることで、単体では見えないなにかを見ようとしているのか、漠然としてはいるが、その進め方に何か意味があると、そういう、確信にちかい何かがある、、



■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

S-H-I-N-E の楽譜をえっちらおっちらと、整理、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる