バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS カーボン弓、メモ

<<   作成日時 : 2013/11/24 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年、国際楽器さんで肩当を買ったときに、肩当を試すために、

楽器と弓をお借りしてみたところ、楽器もとてもよかったのですが、

カーボン弓がとてもよくて、なにげなく値段をみてみて、びっくり、

1万8000円(税抜き)??、わ、このパフォーマンスに対してはめちゃいい、、

ということで、普段使い用の弓が1本欲しかったタイミングでもあり、

1ヶ月後に再訪問して、購入しました。

メーカーははっきり言ってよくわかりません、、

お店の方によると、製造は中国ということでした、、

貼ってあった紙シートには

TXT CARBON
CN/E D12010/120

とあります。

色は黒で、多分塗装してあるのでしょうが、

はっきりいって、細かくムラがあって、仕上げは価格並みです、、

再度お店にうかがったときに、最初に出してもらった弓が印象が違ったので、

「これではないと思う」と伝えると、同じ品番で2本ストックがあって、

もう1本の(同じメーカの同じ品番で当然同じ値段)方を出していただき、

「これです!」っとなりました。

※ お伝えしたいのは、かなり個体差があるので選ぶ必要があるということです、、

で、2本まったく音もバランスも違うという、新事実に驚きながらも、、

好みの方を購入しました。。

が、しかし、この1本はバランスいいです。

メインの弓とは別に、狭い場所や野外や人ごみなど、

取り回し上、危険が伴う場所で演奏する場合用に、

ヤマハのカーボンの101も使ってますが、

仕上げはヤマハがすごく綺麗なので、単純に比較はできませんが、、

私としては、むしろ、この安い弓のほうが、バランス的には取り回しがいいです、、

(弓ですので、よしあしを言ってるのではなく個人の好みです)

ウン十万円の木製の弓がメイン弓ですが、

さすがに、カーボンで弾いて、メインの弓に持ち替えると、

歴然と差はあって、気合を入れて演奏するとなると、違いははっきり出ますが、、

でも、この価格でそこまでの性能を求めるのは筋ちがいで、

ケースに入れて保管する必要もないので、

普段から壁にぶら下げておいて、弾きたいときにささっと使う、

そういう、普段使いの回転を良くするアイテムとしては、

とてもよいです。。

このところ、いろいろ同時進行で、購入してから数ヶ月たってしまいましたが、、

備忘録、、




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

カーボン弓、メモ バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる