バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS そう、“やる気になった手法”ってことで、“ダブルストップをリフに取り入れる”は、名案としておこうか

<<   作成日時 : 2014/03/22 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

記事をさぼってる?ってるわけではないけれど、私的なファッツニューに取り組みができてないと、、
すこし合間があいたり、、します、、

体力的に色々と維持しないといけないことがあって、ちょっと時間がつくれなかった状態が1月、2月、3月と続いて、、
きのう今日、すこし、やりかけ、やりのこし、てつかず、ほったらかしを、なんとかしないといけないと思ってるわけですが、、

記事のほうは、Twitterからもってきて少し整理してみます、、

--

さてさて、あるところの記事に、名案とはやる気になった手法であるって、コメントがあったので、ふむふむと、、

・リフにピッチカートやフラジオレットやダブルストップを織り交ぜるってことに、すこし腰を据えて取り組まんとアカン、、(^_-)、、と思って、少し取り組みを始めたのだけれど、、

・まずは、ダブルストップはモノになる感でてきた、、(@_@)
ダブルストップでのアドリブって麻薬やね、、やりだしたら面白くてやめられん、、(^.^)って感じになって、、楽しい、、

・でもまあ、まだリフで演奏に使えるようになるまでには、まだまだ、、楽しく楽しくトレーニングできそうです、、
あ、そうそう、ダブルストップを使ってフレージングすると、G線の下にやはりもう5度低いC線がほしい。5弦が積極的に欲しくなってきた(^.^)、、ので、つくらなきゃ、、ウム、、ここがフツーじゃないな、、フツーは買いたい、になるか、(^_-)

--
・フラジオレットはポップスのバイオリンでもそこそこ使いまわされてるけど、ピッチカートを旨く使った演奏な聞き覚えがない、、なんか良い演奏例ないかしらねぇ、、?(+_+)

・ケイシー・ドリューセンを少し聞き直そうか、、、彼のチョッパー弾きは音楽的に旨く使ってたような記憶、、(^.^)

・ピッチカートをググッたらなんか技巧的なところでうにゃうにゃした記事が目につく、、音楽的なアイデアは自分で考えろってことか、、ま、無理して使わんでもかまわんのやけど、、

・左手ピッチカートについてギターみたいなプリングオフとハンマリングオンと右手ピッチカートとを併用してるWeb記事があったのでやってみた。たしかにそれは難しくはないね(^^)。ただ、右手なしでアルコの途中に純粋に左手だけで混ぜ込むピッチカートはちとトレーニングが要る(^_-)、、

でも、ま、前にも書いたけど、ピッチカートを旨く混ぜ込んだポップスフレージングって、まだ、これだって例をみつけれてないし、今のところ、私自身としてもアイデア出しできてない、、(^^)、、使わないならトレーニングは先送り、、(^_-)

--
・技巧的フラジオレットの理屈をこの歳になってやっと理解した。、、1の指で押さえて作った弦長の4分の1をハーモニックスさせて、2オクターブ上の音を作ってるってことやね。@_@)

ってことは1の指ばっかりでメロディー弾くってことで、、それはそんなに難しいことではないねぇ。、、テンポがめちゃ早でなければね、、

・でもこれも必要が無いなら無理には使わなくっていいけれど。

-- 蛇足、、

・とかとか、物思いしつつ、ちょっと用事で昨日、新神戸まで行ったので、

元町のヤマハでサイレントバイオリンのSV150を試奏させてもらった(*^^*)、初代からずっと買わずに試奏だけやけど、確実に進歩してるねぇ、音も気楽にトレーニングするにはまあ良いかな(^_-)、、胴体なしでの低音の音作りはとても
難しいけど、かなり工夫して改良してるね。(^^)

ではでは、この記事はここまでってことで、、
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

そう、“やる気になった手法”ってことで、“ダブルストップをリフに取り入れる”は、名案としておこうか バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる