バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS マイナーをAmで統一して分析するなら、メジャーは移調してでもCで分析しよう、、

<<   作成日時 : 2014/05/21 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


部分的な#、bをわかりやすくしておかないと、本来の目的であったはずの分析に集中できないな、、

グラッペリの曲はDかGが多いのだけれど、やはりここは一度Cに移調してから分析的にアプローチしなおそう、、

Tim Kliphuisって日本語的にはなんと読むのかな、とりあえず、ティムとしておこうか、、

ティムの分析アプローチは、とりあえずAmについては明快で判りやすい説明だったのだけれど、、

メジャーになったとたん、なんか、ちょっと、とりとめない、、何でやろうか?、、

という思考のなかで、とりあえず、Dのまんまってところで、本質を見失いやすい状態では、、

複雑な思考がさらに混乱へと変な方向にぐちゃぐちゃしそうなので(頭わるいだけですが、、)、

いちどCに移調してやることにします、、でないと、、わからん、、

そして、なぜ、ティムが明快で判りやすい説明ができていないのか、、

もっと、掘り下げていってみようと思う、、

すくなくとも、この本はマイナーの項目は、たとえば、生徒にも説明をしやすいが、、

メジャーに関しては、頭をウニにする以上の説明にはなっていないように、、

いまのところ(きっと、読める人には読めるのだろうから、私が読めないだけ??)、感じている。。


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

マイナーをAmで統一して分析するなら、メジャーは移調してでもCで分析しよう、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる