バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 5弦を作ってどう弾きたいのか?、4弦での演奏模索の途中を音源でUP、、

<<   作成日時 : 2014/06/22 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5弦のアプローチ、その裏返しのテーマが、アドリブでの重音の使い方の模索、、なんです、、

ルパン3世を、題材にやってみてます、、(他にも何曲か同時進行してます、、いつものように、、

・重音を、、どう、取り込んでいくか、、

どういう、感じを創っていきたいのか、、

完成するまでには、何年もかかるのだけれど、、

少しずつ、模索、習作をしていきはじめている、、

あくまで、舞台裏作業で、、ほんとうは、アップするような内容ではないですが、、

ま、、どんなことを、やりたいと思ってるのか、、やはり、音のことは音でないとわからない、、

ので、、あくまで、習作です、、いつものように、一発弾きです、、

いままで弾いてきた曲とも、いったん、イメージを分離して、模索したいってことで、、

選んだ曲は、、Lupin the 3rd のテーマです、、

ぼちぼちと、弾きはじめて、すこしずつ、ノリ?が見えてきたあたり、、1分過ぎ、、で、、

体力気力へばって、ダウン、、っていう情けない風情ではありますが、、

発展途上の、、第1歩目ということにしておきましょう、、





・そして、本題ですが、、

もう、書かなくてもわかりますが、、G線でメロディを弾くときに、、相棒の低音を弾く弦がありません、、

そうですね、、メロディは、バイオリンの音域でいいんですが、、G線の相棒になる低音用にC線がどうしてもほしい、

ってことで、だったら、5弦のバイオリンを、製作してしまおう、、、

っていう、壮大?なアプローチをしています、、

この5弦ができる2年後には、、重音を交えた弾きかたも、

すこしは、形にできて、、

本番で弾けるような内容になっている、、

ハズ、、です!

がんばりまっす!!
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

5弦を作ってどう弾きたいのか?、4弦での演奏模索の途中を音源でUP、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる