バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 中西俊博さんライブでどっぷり聴いた、コードでのカッティング、、2弦バージョンから手をつけ始めてみた、

<<   作成日時 : 2015/01/02 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


以前のライブのときもそうだったけど、、

今回は、スイングのスタンダードが多かったこともあってか、、

そして、構成がギターと2人だったこともあり、、

中西俊博さんの、弓なし演奏、、

ピッチカートというよりは、むしろ、マンドリン的な音使い、、

すごく目立ちました、、

そのうえ、ベースラインのピチカート弾きが加わって、、

演奏のバリエーションというか、、

バイオリンが、リズム隊になる瞬間、、、

前から、やってみなきゃと、思いつつ、手がついてませんでした、、

4弦でコードを押さえるのは、なかなか大変なので、、

(コードフォームを作らないと無理っぽい、、)

とりあえず、2弦でコード音程をとって、

あとの弦はミュートで音程なしのパーカッション的に使うようにして、、

簡易にやってみたら、、うん、できなくはない、、

コツとしては、メロに対して低音1側を押さえて、

コードをノートを作って、、

低い側の弦を強めに、、ストロークする、、

(こうすると、メロ側の音が小さくなって、バッキング感が強くなる)

ってな感じでしょうか、、いろんな曲で、弓を置いて、、

やってみようと思います、、

これやると、、自然に、今まで見なかった、

リード譜のコードを追うことになり、、

追っかけてると、、ベースラインをウオーキングしたくなり、、

なるほど、、そういう風に、、演奏バリエーションが広がるのねって、、

そういう感じです、、

弓でメロを弾く

弓でフェイク&アドリブを弾く、、

カッティングでコードバッキングをする、、

そこからピチカートでのベースラインのウオーキングなど、、広げてく、、

そして、弓でダブルを交えたフェイクを弾く、、

それから、テーマに戻す、、

これだけで、ずいぶんなバリエーションが弾けることになる、、

いままでの延長では、打開できなかったような、、そういう、、

新しい道を拓く、強力な助っ人になりそうな、テクニックだなぁと、、

では、つづけていくことにしましょうか、、
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

中西俊博さんライブでどっぷり聴いた、コードでのカッティング、、2弦バージョンから手をつけ始めてみた、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる