バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ある曲に対する心の共振のポイントって、かなり狭い。

<<   作成日時 : 2015/03/22 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サイト内 ウェブ
全て 音楽 バイオリン 想うこと ジャズ
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング
help RSS ある曲に対する心の共振のポイントって、かなり狭い。

<< 作成日時 : 2015/03/22 22:32

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0
・ある曲に対する心の共振のポイントって、かなり狭い。

テンポもリズムも、私にとって、特定の範囲でなければ、弾けない曲になってしまう。

そういうことなのだと、、以前からそういう傾向は感じていたけれど、しっかりと認識そうと思う。

そういう意味では曲に対する感覚はクラシックなのかもしれない。

でも、ポップスだってそういう感覚はある。

むしろ、ポップスの方が、テンポに関してはシビアかもしれない。

・テンポを、、そして、リズムを、、伝えるってことは、、本当に難しいことなのだけれど、、

何度か、楽譜以外は弾かないピアノの方に弾いていただいて感じたこと、、

テンポと、リズムが伝われば、、共振のポイントさえ共有できれば、、

曲はしっかりと成立する、、

・いや、まさか、それはないでしょう、、っていう感覚はある、、

フリーに即興をするということと、相反する、、

でも、それが、なぜかということについては、あまり考えてはいなかったのだけど、、

つまるところ、、テンポ、リズムをある程度範囲を狭めないと、、

好きなフレーズが使えない、、

十分に、、フレーズを展開していくために、、ある程度、前提を狭める必要がある、、

・それが、あるいみ、楽譜なのだと、、

少なくとも、私にとっての楽譜なのだと、、思い始めている、、

・だから、、楽譜どおりに弾いてねっていうより、、

最初の4小節、、テンポとリズムとハーモニーのとり方、ボイシングのタイミングを書いておくから、

あとは、Simil〜 ( 同様に即興で、、)っていうのが、、私の楽譜、、(一応、曲の最初から最後まで書くけど)、、

曲のテイスト、フィーリングを、この範囲に持って行きたいっていう、、提案なのだと、、

だからこそ、、一度はその範囲で、楽譜を整備していく必要があるのだと、、

そう、思っている、このごろ、、
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

ある曲に対する心の共振のポイントって、かなり狭い。  バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる