演奏技術本質はジャンルに係わらず普遍なもの、判っていながら放置した欠点を、修正すべきなのだろう。。

音が、心に描いた輪郭にならないのは、右手の指使いがまずいからと、判っている。。

それは、多くの先生から指摘され、修正に修正を重ねてきたことだけれど、

完全には、心に描いたアウトラインに音を載せることができない、というか、

きっちりと載せたいフレーズに行き着いた今、もう一歩、精度の高い、輪郭が欲しい。。

小手先のごまかしではなく、100%確実にヒットする技術が、今弾きたい曲には必要になっている。

先日、Twitterでたまたま見かけた、ケイシードリーセンと中西俊博の両達人のフォト。。

写真から音が聞こえそうな。。。お手本とすべき、すばらしいフォームですね。。

YouTubeで動画を見ましたか?このフォームから繰り出される美しい音たち。。

画像



そして、先日、うみねこさんで見せていただいた、ベースさんの弓づかい、

あの柔らかさ、たゆみない、とつとつと音の流れ、そういう音を形づくるには、

確かな、間違いのない、運弓の技術が必要だ。。

折りしも、ピンポイントに、指弓が上手になるには?と、質問を受けた。。

指弓を疎かにしてきた私から、今、一言で助言をするなら、技術ではない、

ほんとうに、なめらかな指弓を必要とする大好きなフレーズを見つけなさい、

そして、それが、なっとくいくまで、心に描いたとおりの美しい輪郭になるまで練習しなさい。

そうすれば、あなたにとって、今必要なレベルの指弓は自然と形成されます。。

でも、もっと、高度な指弓が必要な曲にであう日もまたやってくるのです。。

そうしたら、また、練習するしかありません。それが、いくつになってからであっても。。

そう、私にとっても、それは、また、今、何度目かのそのときが来ているように思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック