巫女の舞い唄、と、傭兵の詩 いっしょにしてみたら。。と。。


ほぼ、同時にスケッチして、まったく別物に考えてきた、2つのフレーズがあって、どちらも、なにか、片割れが足りない本編があるはず。。みたいな、ちぐはぐな、中途半端感があって。。

仮題Oriental Verse(改題=巫女の舞い唄)とDeathler(改題=傭兵の詩)をいっしょに歌ったら?とふと。。そうして組み合わせると、元々の巫女の舞い唄、と、傭兵の詩、がテーマが逆転するような感じかなぁ。。

ま、ともあれ、イメージを忘れないように8小節だけ、導入部を作ってみました。。そう、これに、昨日の胡弓の「鴨の巣篭もり」のイメージで、Violinを入れていったらどうかなぁと思ってる。。ところ。。とりあえず、忘れないようにアップしておきます。。

太鼓と巫女の唄が傭兵の唸りと渾然として、そこから、メロディが立ち上がる。。って、うまくいけばいいのだけれど。。メロティ前の導入部のスケッチ。。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック