梅田茶屋町I&Fビル705にお邪魔してきました。。


貴重な時間と場所をお借りして、音を合わせてきました。。

設置してあるのは、Kimball という名前のPIANOだそうです。。

弾いてみたのは、Oblivion、Stardust、そして、Nightingale・・・

どれも、ゆったりとした、長いフレーズの固まりで、

深い思いや、愛情を伝える歌と感じています。。

リズムを刻み、グルーブを作り、

そこに乗せてもらって、お客さまのように歌うのではなく。。

言葉からつくられた、Spellを呪文が、メロディになり、

そのメロディがもう一度、基の言葉以上に、語りかけるように。。

セット、ユニットが一つの心にとなって一つの歌を唄う。。

そうありたいな、という思いが、このところ、とても強くなってきたところでした。。

1時間、限られた時間は、またたく間でした。。

たくさんの課題をみつけましたが、でも、概ね、思った方向での音が、

この曲たちから、生まれそうに思います。。

Stardustは元々好きな、大切な曲。。

しっかりと、思いの縦糸、横糸を紡ぎ合わせ。。

しっかりとした、平織りの麻布を織り、

そして、その布目に微妙な、織り模様を描く。。

見える人には見える。。見えない人には模様は見えない。。

でも、全体を感じたときに、見えなくとも、音楽として柔らかく伝わる。。

そういう、音を織り成していこうと思うとき。。

得がたいパートナーの力に本当の豊かさを感じる。。

--

時間が、おもいがけず+30分

Nightingaleは、オーナー先生にも範例を弾いていただき、、

同じ曲を、いろんな視点で、弾くことができました。。

--

機会は多くなくてもいい、

もちろん量は質に転化する。。それが、大事なときもある。。

でも、

本物に触れる。。本物を目指す。。

質の高い時間は、それ以上に得がたい貴重ななにかを教えてくれる。。

大事な時間にたくさんのありがとう。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック