手順を整理していこう。。時間を節約しなきゃ。。


スコアメーカーで編曲テンプレートまでもっていく。。

その前段階は、簡単だが、忘れて取り組むと、ロスが多いのでまとめておこう。。

①まず、Cメロからにベースラインをつけること。すべてはベースラインから始まる。

②ベースラインができたら、次はコードの検証この段階で伴奏のテンプレートを選択する。

順番として①と②が逆転しないように。まずは、どうリズムとベースを刻みたいかを、ベースラインでしっかりと決めてしまうこと。。

支配的なベースラインを作ってから、リズムパターンを選択すれば、創っていきたい方向性から大きくリズム、テンポがずれることはない。これを逆にすると、作業が発散するし、ぴったりの伴奏テンプレートがないときは、無限の選択作業になってしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック