Surres(シューズ)Musicというアプローチ、、

Surres(シューズ)Musicについて、もうすこし詳しく書こう

まず、基本の基本として、、

■あれもこれもを止める
 
いろいろやりたいことはある。でも、なにもかもはできない。既にだれかが結果を出したところを追うやりかたはするまい。安易な演奏は追うまい。
 
→ スプリット&アッパーストラクチャードS&UST略してSUST(サス)というアレンジ・ジャンルを創造していく。

■左手をスプリットして、右をUSTに、これを基本にする。

→ 左の3度を省略
3rdはメジャー、マイナーを決める。この音を省略することで、メジャー、マイナー感覚が曖昧になり、上に積む音次第で、調性が揺れる。ぐらぐらした土台に乗せることで、わざとグラグラ感を出す。

→ 左の5thも省略(b5、#5は右で)
ルートを強調するルート音と2:3の音程倍率なので、ルートの1.5倍の周波数が5th、この強調を省略することで、ルート感を落とす。(参考:逆にルートと5thだけにすると、ルート感が強くなる。これをパワーコードとして使うジャンルもある)

→ 左の7th=は、文字通り導音なので、コードの機能を決める(省略不可)、一方、M7系およびM6系は3度や5度のような際立った機能を持たないので7thの付かないコードに任意に付加することができる。

→ 左に、7th系コードではないとのシンボルとして、7thの付かないコードにはアボイドノートでないかぎり、M7系かM6系を付加する。

■法則性、規則性、を背景にした、揺らぎ感、を中心に

左Bassと7度をPfで構成し、右USTでボイシングする。

→ そうすると、その上にのるメロディもうかつな音は使えなくなる。ある意味、USTに強い縛りをうけるが、その中で適切に選択していくことで、メロディにも新しい規則性が当然埋め込まれていく。
   
→ そういうアプローチで作られたVln曲はおそらく存在しない。

■規則性、法則性のなかに、いくつか、スケールとしてのアプローチを加える。

→ GypsyScale(ボヘミアン)や、陽旋法、陰旋法(和)などの積極的な採りこみと、他方で既存Gypsy曲からのフレーズ収集をしっかりとやっていく。

こういうアプローチで、ハーモナイズし、ボイシングし、フレージングした音楽を、リズムは拘束せず、全般に名づけておいて、これから中身を創造していくつもり、

◆なにやってんの?◇えーと、、、ではつまんないので、名前をつけておく、Surres(シューズ)..

またぁ、あほなことを、と、おっしゃるもよし..

なにかしようとすると、必ずそういうことをおっしゃる方がいる..

で、きっとできないだろっていうエールをいただく..

そういわれたことを、ほとんど、それなりに仕上げてきた..

だから?、、いえべつに、、とにかく、できようが、できまいが..

やってみたいことは、やる..

それだけ..


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック