いろんな葡萄の種類のワインをお店で見かけるようになりました


たくさん、能書きのあるワインはあるのだけれども、赤の主流はソービニオン、メルローとはんで押したような、、私はどちらもちょっぴり苦手で、ボージョレーで有名なガメイ種が、赤ならお気に入り、、

それ以外にも色んな葡萄があるのだろうなぁと思いつつ、あまり出会うこともなく(安いワインを見てるからでしょうが)おいしい赤が呑みたければ、バローロをなんとか廉価でみつける、、時期はずれのボージョレーを楽しむって感じではありました。

円安のお陰でしょうか、このところ、ワインもずいぶん安くなり、その分、スーパーマーケットでもお手軽に買えるようになって、なにか、差別化が必要になってきてたのでしょうね、

百貨店のお買い得ラインのワインに、スーパーでは見かけないような、いろんな葡萄の種類を前面に出したワインを見かけることが多くなりました。

最近ではAlpaZetaのコルヴィーナ種の葡萄の赤、これは、ガメイよりは淡い感じですが、呑みやすいすっきりとした、でも腰のある感じで、テーブルワインとしては上々ですね、おなじAlphaZetaから、白で、ガルガネーガという葡萄、これもコクのやや強いワインも出ています。

これからもいろんな葡萄に出会いたいものですね。。

というわけで、忘れっぽい自分の備忘録に、葡萄の種類を交えて書いてみました。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック