インテリジェント・メトロノームNighitingale Sang(S (Minus One MP3)

さて、インテリジェント・メトロノーム シリーズの次なる曲は、

Nighitingale Sang in Barkeley Square です、、





ま、なんといきなりですか、、って感じではありますが、とにかく、今、バラッドから入りたい気分なので、バラッドです、。

直接関係はないですが、このインテリ・メトロは、スコアメーカで譜面を編集したあと、スコアメーカの機能で自動パート構成した後、スタンダードMIDIファイルで出力、、それを、SOL2で再度開いてSOL2のミックスダウン機能でWAV化、WAVをSoundEngineで編集成型した後、午後のこーだ、でMP3に変換しています..

それぞれのソフトの得意技だけを使うやりかたですが、昔から使ってるソフトなので、手になじんでいて、したいことはささっとできるようになってるからね、これさえあればって新しいソフトを入れたりはめったにはしない..それより、音楽そのものの時間を効率よく生み出すことのほうが大事..

◆以下、インテリ・メトロ共通メッセージ -----

インテリジェント・メトロノームのシリーズでは、私がこの数年の間にセッションやライブで弾いてきた曲たちを中心に、さらに、これから、機会があれば、公開演奏していきたいと思っている準備曲を含め、自分自身の日々のトレーニング用に音源を作っていく、その内容を、公開共有してこうと思っています。

理由のひとつは、こういう、マイナスワンを作る作業を、色んなところで、いろんな方がされていますが、バイオリン演奏の目的で作られたものは、ほとんどありませんので、バイオリンを弾く方の利便のために少しでも、お役に立てればという思いです。

一人でも多くの方が、練習に集中できるように、だれかがした作業で充分であれば、それを活用していく、そういうこともあっていいのではないでしょうか。

もちろん、メトロノームは、単にメトロノームであって、作品ではありません。活用して、何かを感じて、新しいメトロノームを作るのもよし、セットを組んでライブをするもよし、それは、活用される方次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック