「独学のすすめ」について、、思うこと、


・独学ということについて、私のお気に入りの本、「独学のすすめ(加藤秀俊)」、この人の本はこれしか読んでないし、実はこの本の第1章だけのために、手元に蔵書している数少ない書籍、、チンパンジーが好きなジェインが学校のプロセスを経ずに動物学者になるプロセスを読んで元気をもらってる。

・独学という言葉に語弊があるような気もするが、習うこと否定してはいない、、そうではなくて、、なにかを学ぶ、その最も大切な原動力は、自分自身で学び成長する力だということだと思う、教えられずに学ぶ、私はセルフ・ティーチングと勝手に名づけてるが、それが無ければ習っても、ものにはならない。

・自分の欠点は自分がいちばんよくしってる、、それを克服するために、自分なりの方法を考えて試して、試行錯誤をくりかえして、そのなかで、前進するためになにをすればいいか自分なりの手順を会得すること、、それができれば、、何事もある程度は自分で学べると思ってる。

・だれも答えをもっていないフロンティアにあっても成長し前進できる力のある人たちは、おそらく、教育のどこかの段階から、一般的な意味での教育を必要としないくらい、自ら学ぶ力を鍛えてきた人たちなのだろう。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック