先週の工房のメモの続き、、

先週の日曜日、とりあえずアップした分は↓

http://gypsy-violin.at.webry.info/201401/article_23.html

あれから、喉と鼻に炎症がきて、一週間、とりあえずなにもできなかったのですが、、

アップしてなかった分を、、

まずは、、

スクレイパーたち、、

画像


手前の、不思議な格好をした金属の板切れが、、スクレイパーです、、

用途に応じて、鉄の板(昔は鉄ですが、今はステンレス鋼板)を、削りたい形に合わせてカットして、、

板の端にひっかき易いように刃をつけて、板を削ります。

微妙な削りができるのと、仕上がりが滑らかなのが、特徴でしょうか、、

昔の職人さんは上手に考えたものですね、、

スクレイパに使う鋼板はとても硬いので、なかなか、素人の手には負えません、、

工房のスクレイパーを借りることができるので、こういうところは楽です、

・糸箱堀り、、

ネックの一番太くなるところから5mmの線を引いて、

内側をドリルでざっと穴をあけていくんですが、

なかなかの荒作業、、

仕上がりの深さはあらかじめ糸巻きの位置にあけておいた、

直径3mmの穴よりさらに3mmぐらい深いところですが、、

ドリルは、それよりも2mmぐらい浅くしておきます、、

ガリガリガリガリ、、

画像


我が家でやる場合には、ここは手回しドリルになりますから、、

これも、楽といえば楽ですが、、正直、電動工具は苦手です、、(ちょっと怖い。。)

ドリルの後を、ノミでどんどん、彫っていくわけです、、

画像


以上、先週の補足でした、、

後先になりますが、、そのあと、糸箱の中を、延べ3時間ほど、作業して、

本日の午後、ほぼ堀り終わりました、、




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック