5弦でIt's Only a Paper Moonを弾いてみた、、


クラシック的なハイブローに上から弾かない、、

低音が使えることを意識して、、

メロを美しく弾くことは(できると自負しつつ、、)

ここはいったん、5弦を使いこなすには、、

っていう、テーマを持って、、

さらに、トツトツと弾くという、、すこし、いままでと違った音作り、、

などなど、、5弦を手にもちながら、、

どうせなら、4弦と違った意識、、

おもいっきり、いままでと、イメージの違う弾き方をしてみようと、、

(いつまでもやるかは別として)

弾いてみました、、

いつもどおり、舞台裏、、トレーニング風景です、、



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック