楽器の歴史

聖地巡礼 バイオリンの製作といえば、皆さんご存じ、イタリアのクレモナが聖地の一つです。あと同じイタリアのミラノや、ドイツのミッテンバルトやフュッセン、フランスのミルクール、チェコのマイクノイキーヘンなどもご存じかもしれません。 日本では、世界的にみて、やや異常にイタリアが崇拝されていますが、古いドイツの楽器の系列にも、良い音…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィールに替えて

プロフィールの代わりに、 <弾く> いつから弾いてるのか、よく聞かれるのですが、生まれた時に手にバイオリンを持ってたらしいです、って答えています。 本当は小学校高学年からです。 もともと運動神経は良くない方なので、そんなに凄いバイオイン弾きではないです。 でも、長く弾いた分だけ上手だと上手になっていくのは、どん…
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン作り略歴?

  いつ頃から、楽器を作っているのかというと、もう遥かに昔になってしますのですが、 そもそも、子供の頃から、音が出るものが好きで、 小学校で習うハーモニカやリコーダを、一日中でもピーピー吹き鳴らしていた、喧しい子供だったのですが、 バイオリンを弾くようになってからは、とにかく、音を出したくて、あれこれLPを聴きながら、 …
コメント:0

続きを読むread more

ニスをつくる

・アルコールとオイル ニスには2種類あります。植物や動物由来の樹脂を、無水アルコールに溶かして作る、アルコールニスと、 樹脂を、乾性油とボイルして調合するオイルニスです。 樹脂の選択も深い沼ですが、どっちが良いか?、古い楽器にはどちらのニスが使われたかになると、 もう、紙面がいくらあっても足りない、底なし沼で興味が尽きないと…
コメント:0

続きを読むread more

ネックのレストア

修理には、専用の道具をいろいろ使います。海外から購入するものもありますが、 自分で作ったり、百円均一でも購入できる日用品を、工夫したり改造することも多々あります。 指板を剥がす、剥がしべら、は、ケーキにクリームを塗るパレットナイフを、短く切って、鋭く研いで自作しています。 ・ペグ穴をブッシング 弦を捲くペグは、本体との摩…
コメント:0

続きを読むread more

・指板をはずす

・指板をはずす バイオリンは弦を指で押さえて音程を作ります。指で押さえた弦が触れる相手の部分が指板です。 指板は黒檀という固く重い木でできていますが、使い込むと弦が触れる所がすり減って陥没してきます。 普通は、表面を研磨して陥没を修復するのですが、大規模な修理では、指板を交換してしまいます。 銘器と言われる楽器も、指板は新作でオ…
コメント:0

続きを読むread more

古い楽器のレストア、リファインの工程を、やってきたところまで連載開始します。

ずいぶんと、ブログをお休みしてしまいました 2017年の12月に、仕事の都合で、単身で東京に移動して、、 18年の1月に転職してから2か月余り、怒涛のの研修と試験に一心に取り組んで、 3月に、無事に合格したところで、仕事が東京になったら行きたいと思っていた、 バイオリン製作学校に入学しました。 5月から、昼間は仕事…
コメント:0

続きを読むread more