・指板をはずす

・指板をはずす
バイオリンは弦を指で押さえて音程を作ります。指で押さえた弦が触れる相手の部分が指板です。
指板は黒檀という固く重い木でできていますが、使い込むと弦が触れる所がすり減って陥没してきます。
普通は、表面を研磨して陥没を修復するのですが、大規模な修理では、指板を交換してしまいます。
銘器と言われる楽器も、指板は新作でオリジナルではありません。

さて、はずし方ですが、専用のナイフを使って、ナットの隙間から、少しずつ剥がしていきます。
膠で接着されているので、とても堅く、簡単にはとれませんが、慌てると楽器を壊してしまいます。
接着面にアルコールを染み込ませながら、ナイフを進めていくと、ペリ、パリ、と剥がれる音が
しはじめ、やがて、パリパリパリ、、と一気に剥がれが進んでいくようになります。

(剥がした指板は、リサイクルして、他の部材を作ったりしますが、いったん用済みです。)

"・指板をはずす" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント