馬の毛で擦る、擦る、、擦ってこすって、また擦る、、

昨日、ぱーかっしょん演奏者の竹本一匹さんが、ギロの溝を見ると擦りたくなる、、って呟いておられて、、 https://twitter.com/ippiqui/status/492665399339536384 音って、ほんとうに、本能的なものだなぁって、、 バイオリン弾きは、、馬の毛で擦る、、、そう、、 擦って音を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重音混じりのトレーニング曲(^^)、日本の曲ばかり、、懐メロ?、、

ダブルストップ(2重音)を積極的に使う弾きかたを模索中、、 すこし、見えてきて、色々バリエーションを工夫、、 といっても、、同じ曲ばかりだと、アイデアも固定されがち、、 ってことで、、弾いて面白そうなトレーニング曲を、ピックアップしてみた、、 意識的に、日本の(あるいは日本的な)曲ばかり、、 ・ひょっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重音でだいぶアドリブ感じ掴めてきた、

このところ、集中的に、重音交じりの演奏のトレーニングをしてきてる、、まだまだだけれど、ここまで、やってきた流れと、今の感覚をまとめると、こんな感じ、、(Twitterからの呟きまとめなので、文章の不連続感、、ごめんなさい) -- ・重音でだいぶアドリブ感じ掴めてきた、、もともとスイングにノリ易い曲から順に、、ただし元の調で(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作、、今はこんな工程、、

・いきなりですが、、こんな場面で、セロテープを使いました、、目からウロコですね、、 エンドピンのところでの、側板のあわせ目がずれないように、、ナルホド、、 ・クランプと側板の間に挟んで、型にぴったりと側板を押し付けるためのジグです、、板にコルクが張ってあります、、 こういうものも、自分でゼロから作ると工程に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淀屋橋のイタリアン、ダ・ジュンジーノにランチに行ってきました、、(^^)v

もともとは苦楽園あたりにオステカ・エノティカ・ダ・ジュンジーノというお店が あったのですが、、なかなか行く機会もないままに、、 いつしか、淀屋橋と肥後橋の間に、、移店、、店の名前も、、 シンプルに、ダ・ジュンジーノとなってることを、、先日知って、、 久々に、新しいお店の開拓にでかけました、、 ランチ、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5弦を作ってどう弾きたいのか?、4弦での演奏模索の途中を音源でUP、、

5弦のアプローチ、その裏返しのテーマが、アドリブでの重音の使い方の模索、、なんです、、 ルパン3世を、題材にやってみてます、、(他にも何曲か同時進行してます、、いつものように、、 ・重音を、、どう、取り込んでいくか、、 どういう、感じを創っていきたいのか、、 完成するまでには、何年もかかるのだけれど、、 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C(Am)でGypsySwingを弾くときのコードとスケール、表を作って演奏検証しながら、メモメモ、

まだまだ、作業中です、、 闇雲に弾いていても、自分が何を弾いているのかは、掴めないので、、 表にして、楽譜と演奏と、そしてコードを(楽譜に書いてあるコードは盛大間違いだらけ、、やけど)、 見比べながら、気づいたり、思いついたりしたことを書き込みしていってます、、 もちろん、この表のG版やD版やA版も簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Shine Cメジャー曲のGrappelliアドリブ譜などの考察の補足E7について、、

調C曲中の調AmのV7として、あるいはあくまで調Cにこだわるなら意味合い的には調A系(AまたはAm)へのセカンダリー・ドミナントとして(どちらも旋律的には同じ内容になりますが、コードの位置づけの調性的な視点が異なるだけです)、E7について、 前回触れていなかったので、補足すると、 --------------- E7:サブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ShineとDaphne両Cメジャー曲のGrappelliアドリブ譜を全音を表に書いて整理した仮説、

ま、こういう書き方をすると、結局、それがどうした、、っていうことにもなりかねないのだけれど、 あえて、ShineとDaphne 両Cメジャーの曲のGrappelliアドリブ譜を全音について、表に書き出してみた、、 そして、そこから、整理をすると、まず、主だったコードとしてC、Dm7、FM7、G7について、 コードトーン以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DaphneをとりあえずDからCに移調して、俯瞰してみてる、、見えてくることがいくつかある、、

いくつかの経過音と呼ばれているもの、Timがあえて(おそらく判っていながら)解説していないこと、、 それは、不親切なのではなく、ロマ・スケールの特殊な(ロマとしては当たり前な)内容に触れることで、、 必要以上に複雑怪奇な説明になることを、避けたかったのだろう、、 しかし、この経過音と呼んで、さらりと解説をすりぬけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナーをAmで統一して分析するなら、メジャーは移調してでもCで分析しよう、、

部分的な#、bをわかりやすくしておかないと、本来の目的であったはずの分析に集中できないな、、 グラッペリの曲はDかGが多いのだけれど、やはりここは一度Cに移調してから分析的にアプローチしなおそう、、 Tim Kliphuisって日本語的にはなんと読むのかな、とりあえず、ティムとしておこうか、、 ティムの分析アプロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結果的にだけど、原点、’09~’11年ジプシー・スイングを殆ど弾かなくてよかった、、、、

あのころ、 とても透明で、まっすぐで、思い切り何かを探し求めて、 いろんなことが一気にできた、、 でも、その透明の中に、僅かに沁みこんだ、、 違和感に、どうしても堪えられないのは今も変わらないのだけど、、 だから、たくさん弾いてきた、いや、それしか、結果、弾けなかった曲たちとは、、 すこし、決定的に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stephan Grappelli / Gypsy Jazz Violin っていう楽譜をポチっ

ヴァイオリンをスウィングさせたジャズ・プレイヤーステファン・グラッペリ ジプシー・ジャズ・ヴァイオリン って楽譜本、、ブログのアクセス履歴をみてたら、、あらら、こんなのあったのね、、 って、思わず、ポチってしまいました、、 いま、ちょうど、この部分はこの部分で、ちゃんともう一回アプローチしなおそうとしてたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stanlay Block Planeの仕立て方、、参考ページを、メモメモ、、

昨日、仕立てのよいBlockPlaneを使わせてもらって、、 さっそく、、仕立て方を調べてみました、、 わかりやすいページをリンクしておきます、、 Stanley 9 1/2 (England製)の仕立て例です、 http://www.interq.or.jp/mouse/holzwurm/seisakukout…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月ぶりに工房にて、、

今日は、いろんな作業をしたので、、駆け足で、ポイントのみを、、 ・とりあえず、型にブロックを豆粒ほどの量のボンドで貼り付け、、 丁でラフに割って整形しました、道具たちです、、 ・幅35mmの横板の厚みを出していきます、、1.2mmです、、 こういう専用の盤を使いました、、便利です、、 借りたスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作、、青空工房、、ワークベンチ!

はい、文字通り、、 ベンチでございます、、 でも、、工夫次第で、、ワークベンチに早替わり、、、 ベンチに2cm厚の板を大型のシャコ万力、、 (はさみ幅が20cmある、コーナンで1個900円ぐらい)、、 で挟んで固定、、 固定した2cmの板に、木工用の万力を固定、、、 すると、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近郊で遊びましょう、、ってことで、ハーバーランドで、ドイツの雰囲気とビアを満喫してきました、、

オクトーバーフェストの、あの、お祭り騒ぎには遠くおよびませんが、、 本場ドイツのビールを中心に、ドイツ風の食べ物もそろえ、、 そして、オクトーバーフェストのテントに比べれば、超ミニミニではありますが、、 テントも備えた、フェストが開かれるとのことで、、 ハーバーランドに久しぶりに行ってきました、、 いき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月のお誕生日、、

もう、5月になってしまいましたが、、 4月はお誕生日いっぱいの月でした、、 色々兼ねて、久しぶりに、北野のルセットにお邪魔しました、、 そして、、あれっと、、、私はお誕生日ではないのですが、、 ムレスナさんの、素敵なメッセージパッケージの紅茶をいただきました、、 そして、4月は父の誕生月でもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステファン・グラッペリ, ニールス・ペデルセン & ジョー・パス、AT TIVOLI GARDENS

さてさて、しばらく、スタディをお休みしていましたが、、 リズム、、特にベースラインのリズムのお手本をしっかりと、一度、眺めていきたいと、、 Grappelliの、数あるアルバムから、そういう耳で、選んでみました、、 Tivoli Gardens, Copenhagen, Denmark (Live) ステファン・グラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インテリメトロをリニューアルしていこうかなと、、

・さてさて、しばらく楽曲についてはお留守というか、、 新しいアプローチをしてこなかったのですが、、 楽器製作のアプローチもようやく軌道に乗ってきたところで、、 すこし仕切りなおしていきたいと思います、、 ということで、気合を入れる意味でも、、 すこしばかり、DTMアプローチのおさらいのため、 サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more