テーマ:Vln製作日記

ブログへの回帰は製作への回帰、、バイオリン製作編

とりあえず、、作品です、、 木材から、完全ハンドメイド、、Keisi♪自身の作品となる手工バイオリンです 角度を変えて、、 なかなかの出来でしょ? 本人Keishi♪サイン入りラベルは、、もちろん、本物です! ニス塗り中の段階(真ん中が作品です) 天満橋、馬戸さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2013年からのVln製作のプロセスを、少し整理して残しておきましょう、、」について

「昨年からのVln製作のプロセスを、少し整理して残しておきましょう、、」について 2013年の10月から2台目の製作を開始して、、まだ、2年になってないんだね、、ずいぶん、時間をかけて気がしてました、、9月には、本体へのネックの仕込みが完了する予定なので、、 丸2年での製作です、、もちろん、、そこから、ニス塗りや、調整があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工房風景、、バイオリンにどっぷり、、

製作に通ってる、工房の製作風景(みなさんが誰がだれだかわからない写真をわざと選んでます、、) バイオリンにどっぷり浸る世界、、 工房内に隣接して、レッスン室があり、、ひがな、バイオリンレッスンの音がしています、、 しかも、かなり、高度、、音大入試レベルぐらいかな、、 なので、、生演奏つき?工房、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午前中だけ工房に行ってきました、、ネックの整形、、

ほんとうは、午前、午後の予定だったのですが、、 午前だけにしました、、(案の定、午後は病院から電話が入ってきました、、) ナット(弦を支える部分の整形は前回、しました) ネックの太さ、丸みを整形したら、いよいよ、大きな削り加工は、、本体胴体への仕込みを残すだけになります、、 均等に丸みがつくよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作、、表板の情熱!! 5月、、沈黙の集大成??

・まずは、、 そうですね、、ここまで、穴を開けてしまわないように、丁寧に薄くしていきます、、 裏から、白熱電球、、、 情熱の血のように、、赤く、、これが、バイオリンの表板です、、 ピアノで言えば、裏に響板として、大きな木の板がついてますが、、 その部分にあたります、、響きの根本はここのつくり、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱い音を聴きたい、、

製作中の表板、、 白熱電球に透かすと、、 こんなに赤い、、熱い、、 厚みが薄いところで2.2mm、、 そこを光が通り、、 真っ赤に、、 血の通った、手のひらのように、、 熱い、、 熱い想いを込めて、、 音になる日を、、 ピアノと合せて、、 音楽を紡ぐことが、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作の致命的欠点についての考察ブログ

表板の厚みについて、 今、まさに2台目製作の厚みを調整しているのですが、、 書籍によって、厚みの紹介がまちまちです、、 曰く、中心付近が3.5mm周辺で2.5mmと裏板のような紹介から、、 古い本では全体が3mmで周辺が2mmとか、、 先日のNHKスペシャルではむしろ中心付近が薄い名器もあるとか、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

f孔の加工をしました、、f字の型、モラッシーの型を借りて、、

今日は、表板の最終の厚みを、、って思ってたら、、 f字を孔けましょうってことに、、 こういうところ、、ノウハウやね、、 厚みを出してしまってからだと、 f字の周辺のやや特殊な隆起に対して、うまく厚みコントロールできない、、 習いに行くって、こういうことを、さらりと習うこと、、さも、当然のこととして、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表板の製作、、途中、、

・表板の粗とりをノミでざくざくとやっていきます、、台形の山を作るつもりで(三角山にならないよう注意、、するはずが実際すぐに三角山になってしまいますが、、) ・等高線を描くジグで、等高線を描いて、厚みのひずみを修正します、、 ・厚みの外形や左右の違和感は、、こうやって、物差しで影をつくると、、ほら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの女性バイオリン研究家のハッチンスのグラドニ方法を実践してみた、、

C.M.Hutchins(ハッチンス)がバイオリンの板厚をテストする方法として発­表したF.Chladni(クラドニ)の方法で、製作中のバイオリンの裏板のモード2­を描いてみた。175Hzと標準的な周波数で定在波の絵が一瞬で描かれる。 (実­際セッティングには1時間近く要しました) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーフリングの埋め込み、ニカワ付け、付けたあとの整形をしました、、

・パーフリング、、トップとボトムで継ぎ合わせをするんです、、  こうやることで、Cの部分の突合せで長さのせいでずれるのを防ぐのですね、、  一本でやってると思ってたので、、目からウロコ、、なーるほど、、 継ぎ合わせ部分は、斜めにカットして、、板のセンターから少しずらした位置にします(目だたないように) ・はめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライニングと、はぎ合わせ、、

いきなり、タイトルと別の画像ですが、、 現代のストラディバリとも言える?のではと私は思いますが、クレモナの、モラッシーファミリーの統率、、親玉のモラッシーの作品がたまたま工房に来ていて、少し弾かせていただきました、、心が震える、、体も震えるほどの音色でした、、モラッシーは、これまで3台触った経験がありますが、、5年前に触った新作も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作、、今はこんな工程、、

・いきなりですが、、こんな場面で、セロテープを使いました、、目からウロコですね、、 エンドピンのところでの、側板のあわせ目がずれないように、、ナルホド、、 ・クランプと側板の間に挟んで、型にぴったりと側板を押し付けるためのジグです、、板にコルクが張ってあります、、 こういうものも、自分でゼロから作ると工程に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5弦を作ってどう弾きたいのか?、4弦での演奏模索の途中を音源でUP、、

5弦のアプローチ、その裏返しのテーマが、アドリブでの重音の使い方の模索、、なんです、、 ルパン3世を、題材にやってみてます、、(他にも何曲か同時進行してます、、いつものように、、 ・重音を、、どう、取り込んでいくか、、 どういう、感じを創っていきたいのか、、 完成するまでには、何年もかかるのだけれど、、 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stanlay Block Planeの仕立て方、、参考ページを、メモメモ、、

昨日、仕立てのよいBlockPlaneを使わせてもらって、、 さっそく、、仕立て方を調べてみました、、 わかりやすいページをリンクしておきます、、 Stanley 9 1/2 (England製)の仕立て例です、 http://www.interq.or.jp/mouse/holzwurm/seisakukout…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月ぶりに工房にて、、

今日は、いろんな作業をしたので、、駆け足で、ポイントのみを、、 ・とりあえず、型にブロックを豆粒ほどの量のボンドで貼り付け、、 丁でラフに割って整形しました、道具たちです、、 ・幅35mmの横板の厚みを出していきます、、1.2mmです、、 こういう専用の盤を使いました、、便利です、、 借りたスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン製作、、青空工房、、ワークベンチ!

はい、文字通り、、 ベンチでございます、、 でも、、工夫次第で、、ワークベンチに早替わり、、、 ベンチに2cm厚の板を大型のシャコ万力、、 (はさみ幅が20cmある、コーナンで1個900円ぐらい)、、 で挟んで固定、、 固定した2cmの板に、木工用の万力を固定、、、 すると、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外発送してくれない米アマゾンWebサイト、、代行業者活用という手に始めてアプローチしてます、、

Pfeilの丸ノミ 工房では5/8 , 7/6, 8/4, 8/10,9/5 を使わせていただきました、、 ちなみに5/12は(#5タイプ/12mm) というコード体系で#は小さいと平らに近くなっていきます。 さて、Twitterで教えてもらったとある教室での使用サイズでは#7が中心で7/6,7/10,7/14, 加えて8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は工房の日、、型を完成して、ブロック材の整形、、、苦手の電動工具も使って、、

どっと、1ヶ月ばかり、ブログをお休みしていました、、 休むつもりがあったのではなくて、色々、手がつかなかったというか、、 言い訳はともかく、 1ヶ月ぶりに工房の日、、少しばかりホームワークをしてショートカットはしてますが、、 それでも、作業の量が多くて、なかなか、前には進んでいきません、、いそがばまわれ、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スロバキアのお店ToneWoodのURL

ToneWoodで調べるといろんなお店が出てくるけど、、 私はここで買いました、、 https://www.tonewood.sk/ 23ページあたりにはSwissのノミも掲載されています、、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の工房、、ボディの型の形づくりから、、

今日は、ネックのスクロールが終わって、 ボディづくりの型づくりに移行しまいた、、、一枚板の内型です、、 イタリアを含めて、一般的な型のつくりかたです、、 ・まず、等倍寸法のコピーから、型の形をアクリル板に写しとります、、 ・型の形をアクリル板に写すのに使った道具たち、、 ・できたアクリルの型をつかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の工房プロセス、、スクロールの刃物加工が完了しました、、あともう少しでネック完成!!

・今日はネック完成まではいきたかったのですが、、 やはり、工程は意外と丁寧にすすめないといけない部分が多く、、 スクロールの刃物加工が終わったところまでです、、 ・スクロールのペーパーがけは次回までのホームワークにしたので、、 あとは、ネックの整形の刃物加工を残すのみ、 私的目算としては、次回の最初の数時間でネックは完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン工房の復習製作、、そう、、平行してもう1本製作、、作業を3時間ほど、、

今、工房では先生に色々教わってるわけですが、、 もちろん、これまでにも製作をしているので、要点は押さえつつ、、 わからなかったことも、解消をしていっているのを、、もう1本、復習製作して、定着を、、 とはいえ、工房のような工作机もなく、、なんとなく、スタートできてなかったのですが、、 ま、テキトーに、ゆるーく、とり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先週の工房のメモの続き、、

先週の日曜日、とりあえずアップした分は↓ http://gypsy-violin.at.webry.info/201401/article_23.html あれから、喉と鼻に炎症がきて、一週間、とりあえずなにもできなかったのですが、、 アップしてなかった分を、、 まずは、、 スクレイパーたち、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の工房成果、、ネックの渦巻きはほぼ完成、糸箱を彫ってるところ、、

渦巻きを彫っていくのに使ったノミたちと、、ほぼ完成した渦、、 ノミサイズが、ちょうど渦巻きとあうように、、そういう道具たち、、、 工房でお借りして作成させていただきました、、、 渦の形に合うスクレイパーも使わせていただき、、 なかなか、いい感じ、、です、、(自画自賛、、(^^) 糸箱を彫ってるところ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昨年からのVln製作のプロセスを、少し整理して残しておきましょう、、

昨年の5月、そう、演奏の打ち合わせを兼ねて、、 久しぶりにSideBySideに向かう途中、、 関西の手工弦楽器製作者の、作品展示会が、、 中ノ島公会堂の一室でありましました、、 そのときに、沢山の手工作品が展示され、、 その中には、その昔、一瞬コンタクトがあって、 その後、たしか、クレモナに行かれた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「足りない分をスロバキアから購入しました..」について

「足りない分をスロバキアから購入しました..」について いただいたコメントにコメントバックしたら、システムエラーになったので、しかたなく、トラックバック記事にて、、 2014/1/3 23:33 すみません、コメントを見落としていました、、こんなことはめったにないのですが、、 はい、購入の方法ですね、まずは、クレジットカードで決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は工房の日、、黙々と、やや饒舌に、、スクロールを巻く日、、

クリスマスも近い、工房で、、(本物のモミの木のディスプレイ、、) 今日は、スクロールの細工に、たくさんの工具たちにお世話になりました、、 本日のオールスターキャスト、、 スクロールはこんな具合に、面取りまで進みました、、 面取り前はこんな感じです、、 スクロールの一番内側の切れ込み、、ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足りない分をスロバキアから購入しました..

バイオリンの製作の中で、材料の足りない分を、スロバキアから購入しました、、 少しの分量なので、材料の値段と輸送費用がほぼ同じになってしまいましたが、、 もったいなので、側板を3台分購入しました、4枚1セットで1セットわずか1000円、、 送る側もすこし、もったいないと思ってくれたのでしょうか、、半端な分量ですが、約1セ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more