テーマ:オリジナル創作

つれづれなるままに、「ドラゴン」..もうちょっと地味なボヘミアンな香りにしたいが、、こんなVerも、

http://gypsy-violin.at.webry.info/201210/article_6.html で書きはじめた、「ドラゴン」をちょっといじってみた。。 なんちゅうか、これでは、、安いTV刑事もんやぁ。。なんて思わないけど、思ってもべつにかまやしない。。どこにもモタリのない、ただただ前に走るっていう感じにしたいだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもっぽいテーマだって、、そのうちに化けるさって、無理かな、ま、無理を承知で、「歌」のつづき、、

やっぱ、8小節の折り返しがまずいな。。サビは展開性があれば地味でもよし、、 なんて思いながら前回のトピックスは、、 http://gypsy-violin.at.webry.info/201210/article_7.html あんまり、子供すぎて、誰もファイルを開いてくれなかったけど。。あ、聴かないと子供ってわからんか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だんだん、子供化?、、シンプルを通りこして、素朴以前、、でも、こういう曲好き。。

ややこしい、うっとしい曲より、練習曲のような、こういう感じも実は大好き。。 名曲Let It Be だって、考えようによっちゃあ、めちゃシンプル。。 単純なフレーズを心を込めて。。がいいな。。 でも、これは、楽譜スケッチだからね。。8小節目からの繰り返しのターンの構造がまずい。。。 ま、ふと浮かんでメモにささっと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Dragon..ドラゴン..モチーフのつぎはぎだけど、備忘録..

ま、正直、オリジナルを創るといいつつ、何かに似てしまうのは、しかたない。。音楽の世界では、これを、「パクる」とはいわない。いや、言う人もいる。でも、良い意味で、「影響をうけた」というのが、モデストな表現。。たくさん弾いて、沢山聴いているバイオリニストには、何に影響を受けたか、、一目瞭然だけど、こういう、フレーズも一つは弾いてみたいじゃな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「明日に..」テーマ8小節を打ち込み..イメージを膨らましたいな..

もう、一年以上前、Amarenaを仕上げたあとから、思いつくままに録り溜めたテーマから、「明日に..」をピックアップしてテーマ部分だけ、譜面を書き始めた。。(音はまだベロ一定なので..ごつごつのアウトラインになってますが。。) ここから、広げていきたいな。。なんのかんの言いつつも、他のテーマも、仮置き版としては、なんとなく、やりた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nightingale Sang in Barkeley Square を少しばかり

制作環境を2日がかりでクリーンにして。。Nightingale Sang in Barkeley Squareなどの、打ち込み環境を整えました。 リズムな曲は比較的やりやすのですが、バラッドとなると、打ち込み難しいねぇ。。 いろんな補助ツールに助けてもらいつつ、奮闘?中。。なんとなく、手順は見えてきたかな。。 まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手順を整理していこう。。時間を節約しなきゃ。。

スコアメーカーで編曲テンプレートまでもっていく。。 その前段階は、簡単だが、忘れて取り組むと、ロスが多いのでまとめておこう。。 ①まず、Cメロからにベースラインをつけること。すべてはベースラインから始まる。 ②ベースラインができたら、次はコードの検証この段階で伴奏のテンプレートを選択する。 順番として①と②が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルトVln、使う弦も決めたので音を録ってチェック。。質感は狙い通り、演奏は未開発やな、要練習!

C線だけをヘリコア(ダダリオ)にして、あとはオブリガード(ピラストロ)、ゴムミュートをAとDの間につけて、質感を和らげて、弾いてみました。。 楽譜をつくらんとあかんのですが、とりあえず、音質チェックです。。 バイオリンの弦が5度ずれただけやろ!おんなじ指使いやろ!って乱暴、ご無体なことはおっしゃらずにね。。絶対音に対して、指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTubeをさくっと調べてみました。。

まだ1本もYouTubeにはアップしてないんですよね。。 そうなんです。。 と、自問自答するわけですが。。 そのうち。。視野に入れていきたいなとは、思ってます。。 手段から検討するのは、目的にはずれるのだけれど、 でも、撮るという目的からしたら、ど真ん中。。 ・・なーにをわからんことをいうとるか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道化師の踊り、吟遊詩人の唄、巫女の舞い唄、精霊の声、色んなスケッチの現状。。

今のところ、まだ、全貌でもないし、それぞれの姿も、まだ、ほんとうに、おたまじゃくし、になる前の、カエルの卵のようにふわふわとしているのだけれど、すこし、姿がみえてきたかな。。。 まだ、最初のコーラスか、展開部まで、もっと短いのもあって。。このあとに、延々とアドリブフレーズが入るようなイメージがある唄もあったり、完成にいきつくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャーンドル・ラカトシュ (Sandor Lakatos)ジプシー・バイオリンの原点を掘り下げよう。

先日のYouToubeの映像リンクした分を、少ししらべてます。 シャーンドル・ラカトシュ (Sandor Lakatos)を検索したら、WiKiでファミリーの情報が出てきました。。 ロビー・ラカトシュ(Roby Lakatos、1965年 - )"ジプシー・ヴァイオリン中興の祖"ヤーノシュ・ビハリ (1764-1827) の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊詩人の唄、最初のコーラス分のデッサン済み。。Vlnパートの録音を重ねてみようかな。。

ようやく、ざっと、吟遊詩人の唄(元La France)にひとおおり、ハーモニーをつけた。。ほぼ、イメージは伝わる形にできたかな。。 まだ、途中のカデンツのあとCに転調して。。前半と同じぐらいの長さの展開があるのだけれど、まずは、ここまで、テーマができていれば、広げることはいつでもできる。。 しばらく、寝かせておいて、もう一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊詩人(La France改)のアウトラインを少しボイシング。。ようやく雰囲気が見えてきたかな。。

http://gypsy-violin.at.webry.info/201206/article_12.html のつづきで、La France のコードとベース、カウンターをテーマ部分だけ仮創りしてみました。。テンポ、リズム感はこんな感じを中心に、あと、Vlnでバリエーションを弾けるようにしていきたいな。l。 ここをベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巫女の舞い唄(OrientalVerse改)のベースラインをつけて笛版でデッサン中。。

ま、とにかく、ベースラインをつけないことには、ボイシングそのものが始まらない。。ので、台風の余波ですこしできた時間で集中的にベース作業をしてみました。。 構成的には、いちどばらして、組み立てなおさないといけないですね。。潜水艦の長期深海旅行みたい。。ではね。。あーしんど。。って感じですが。。 作りたいイメージの片鱗は見えてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白ワインの薫り高き洋ナシ。。ら・フランスのまるかじりのような音にしたい。。できるかな。。習作中。。

うん、休みはとれなくても、できるだけ、前進はしなくてはね。。 どんどん、袋小路に入っているような気もする。。たしかに、その気配は濃厚だけれど、でも、いまは、とにかく沢山いろんなアプローチを創ってみるしかない。。 とにかく、どんなジャンルであれ、何であってもかまわないのだけれど、心からこういう音がつくりたい。。っていうとこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

(Spritual仮題)精霊の声、ファーストテーマだけ、書き起こしてみた♪

この曲は、ずいぶん前に、テンションを含めたボイシングをして、数回ピアノで弾いてみた。。結果、理屈でつけたテンションはまったく気に入らず。。(うん、理屈はあとづけの説明にはしっかり役にたつけれど、基本は何を美しいをおもうか、それは、作り手の心持ちしだい。。だわ) で、といいながら、その理屈に基づくテンションでオミットしたところを整理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮題Tarantula改め、道化師の踊りのアウトライン♪を作ってみた。。

これも、最初にスケッチを弾いて、半年、どうしようか、と置いていたのですが。。 まぁ、なんとも、シンプルなラインなのではあるが、、このラインをバイオリンで弾く。。そして、さらに、バリエーションさせていくと、なかなか、弾いて楽しいので、こまってしまうのです。。 初級者でも楽しく弾けて、そして、聴いて楽しい曲がほしいなと思ってるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巫女の舞い唄、と、傭兵の詩 いっしょにしてみたら。。と。。

ほぼ、同時にスケッチして、まったく別物に考えてきた、2つのフレーズがあって、どちらも、なにか、片割れが足りない本編があるはず。。みたいな、ちぐはぐな、中途半端感があって。。 仮題Oriental Verse(改題=巫女の舞い唄)とDeathler(改題=傭兵の詩)をいっしょに歌ったら?とふと。。そうして組み合わせると、元々の巫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・フランス、こちらは、スケッチ前のまだ、部分習作の繰り返し、モチベーションからの展開を何通りか。。

ま、なんといいますか、舞台裏をまんまで出していいのか?ということもあるのですが、ま、かなり沢山の方が見てくださっているといっても、いわば、私の日記的な要素が多々ですので、超生煮えもご勘弁。 なので、これは、聴いてくださいというより、どこにファイルを置いたんだー!っていう、常日頃の、ファイル迷子事件防止の備忘録です。。 今、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎の時間の使い方、洗練されたテーマに、色んなジャンルを見聞きしなくちゃ、と、あらためて。

予定はしてなかったのだけれど、成り行きで、南座で玉三郎さんの「阿古屋」を観る機会ができて、行って来ました。 歌舞伎の知識はほんとうに皆無?に近く、高校のときに、授業で歌舞伎鑑賞があって以来、、といえば、どれほど日本の文化に触れようとしてなかったか、恥ずかしながら。。です。。 で、とってもよかったです。というか、たぶん、齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮題(ミュゼット)を採譜、整理して、スケッチから少し弾き起こし♪してみました。

まずは、題名というか、イメージしてきた、ミュゼットについて、すこし、お勉強。。 WiKiその他。。下記参照-- ミュゼット(musette)は、フランスの地方の民族音楽と、そこから派生した様々な音楽概念について用いられる。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_det…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オリジナルの採譜をどのクリア・フォルダに綴じた?って、すぐ忘れる。。マジックでデカデカ書いてるのに。

っていう、題名の記事を書いて、忘れないようにしよう。。。 しばらく見ないとすぐわすれてしまうんだから。。。Muzettaを採譜した分を綴じ込もうとおもったら、クリアフォルダが。。 というより、クリアフォルダに入れたことすら忘れて、ちょっと探しまわってしまった。。 いま、見つけて中を見ると、もう結構たくさんの採譜が溜まってるね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

My Will こういう曲は弾かないようにと、誓ったわけではないけど、弾いてたね。。でも、いいかも。

これは、バイオリンで艶やかに唄う歌、艶歌だな、1950年よりも前の空気が漂う。。和製洋楽、って、別に嫌なわけではなく、何が新しいのかといわれれば、別に。。っていう曲かもしれない。。 でも、じわじわっと、心にしみこみ、そして、こころから唄えるような、そういう、曲にできるかもしれない。。仮の題名が、My Will 、もちろん、Will…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウゲイアースの家畜小屋かぁ、これと、ミュゼットをどうコンビネーションしようかなぁ。

ヘーラクレースは、小屋の土台に穴を開け、アルペイオスとペーネイオスの二つの川の流れを引いてアウゲイアースの家畜小屋を、洪水で洗い流した。。そう、よどんだ状態を、一気に洗い流し、いわば、スカッと気持ちよく。。っていうことだろうね。。 Muzettaの採譜をようやく終わったので、これにイメージ付けしましょうか。。いったい、何ヶ月か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

少ない時間を活用していくために、無駄を少なく、手順固め (備忘録)

※ このあいだ、このメモを書いたことは覚えてるんだけど、パソコンの中でファイルが迷子になってしまった。時間を無題にしないためにも、整理した内容はアップしておこう。。 曲を打ち込もうとして、リズム、テンポ、イントロフレーズ、どれをとっても、整理不十分な自分自身に気付く。 演奏のリズムパターンを1小節分正確にハンドクラップ叩けること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

採譜しよう。。ミュゼットとシシリエンヌを1曲ずつはじめてしまいましょう。。今日から。。

だいぶ、やることは整理した。。 あとは、はじめることだ。。。 ということで、表題の内容は、これからこのページに書き足ししていきますね。。 まずははじめます。。 -- ここに、書き足ししていきます。。 前に弾いた分、の45秒目ぐらいからの16小節、、比較的単純に弾いているのだけれど。。かなり、発想は跳ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しっかり曲を編もうとすると、基本の積み重ねができてないことに、あらためて気付く、壁は自分にありだな。

曲を打ち込もうとして、リズム、テンポ、イントロフレーズ、 どれをとっても、整理不十分な自分自身に気付く。 演奏のリズムパターンを1小節分正確にハンドクラップ叩けること。 ベースラインのパターンを2小節でも4小節でも、口ずさめること。 イントロのメロディラインとコード進行をちゃんと覚えていて弾けないまでも、言えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何度も弾きたい感覚になるのは、弾きたいからだろうね、ミュゼットアプローチを録音。採譜しよう。。

うーん アプローチがイージーすぎる。。って躊躇してたんだけど。 一度は楽譜にして、仕上げるかどうかはわからないけれど、整理してみよう。 こういう曲を弾きたいっていう気持ちはずっとあるのだけれど、ミュゼとしては、それほど、何が?っていう感もあって 整理してこなかった。。 ちゃんと譜面にして、丁寧に構成を検討してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次の組み合わせは、Nitht and Day と何になるのかな..ヘラクレスの試練の4話目は?

・エリュマントスの猪 ..って、どんな話だっけ。。 エリュマントス山の大猪を生け捕りか、、雪原に追い込んで捕らえたとか。。 これとNight and Day ね。。 そう、イントロで、ベル(ジングルでつかうスズ)を使おうかと思ってたのだけれど。。 雪との接点。。橇(そり)かな。。雪原を橇のようになめらかに走る..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タランチュラ(tarantula)と ケリュネイアの鹿(Ceryneian Hind)の組み合わせ

ケリュネイアの鹿(Ceryneian Hind)は、ギリシア神話に登場する巨大な雌鹿。女神アルテミスの聖獣と、 Keishi♪オリジナル(未発表)のタランチュラ(tarantula)との組み合わせになった。。 なった、っていうのは、曲を決めてから、12の試練の順番をチェックしてるからで、12の試練の順番を覚えてないので、ルーレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more