テーマ:創作

フリースタイルでのバイオリンのリズムやメロディそして楽譜などについて、、

◆そもそものはじまり、 バイオリン楽譜を探して、私のブログを訪問されたかたから、メッセージをいただくことが稀にあります。珍しいところではバイオリンとオルパ(南米のハープ)でのセッションの記事からオルパの楽譜についてもお尋ねをいただいたりもしています。 共通しているのは、私の弾くフレージングって一般に出回っている楽譜で手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今はDAWというそうだが、、私にとってはDTM、SOL2を中心に手に馴染んだツール群を使いまわす、、

MIDIを細かく扱うことをしなければ、SOL2はとても優秀でノンリニア編集もカンタンにでき、メニューも日本語で、素晴らしいソフトだ。残念なことにYamahaはもうサポートしておらず、後継も出ない。ずっと、Yamahaの最終修正パッチをあてた状態でXP上で使いまわしている。Win7になったら使えるかどうかわからないが、そういう意味でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三枚肉の白ワイン煮込み(ワイン味とショウガ味の2種)こんな感じて作りました、、

少し前に、豚の三枚肉が手ごろなお値段で出てたので、冷凍してました。 昨日、散歩がてら、料理用に白ワインを買ってきたので、調理してみました。三枚肉の白ワイン煮込みです。 まずは、出来上がりから、、 ランチに、パンとワインで、、 作り方、、 まずは、塩コショウはぜったいしてはいけませんよ、味がただの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stera By Starlight スプリット&アッパーでPf、左がR+7系、右UST系、、

ピアノを弾くのは簡単ではない、、 っていうか、バイオリン弾きでピアノ弾き、っちゅうわけにはなかなか、いかん、、 によって、ピアノを弾いてもらわないと、弾けないっていうところもあるんだけれど、、 そこはそれ、ピアノも弾きたいっていう、野望??はあったりして、 では、どう弾くか、といっても、めちゃむつかしいことを、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GypsyScaleにつて、先達の情報を探してみました。。

HungarianMinor、GypsyMinor、Spanish、Hungarian色々あるんやね、 普通の楽典の本にあるジプシースケールはGypsyMinorなのかな、、 Hungarianや、Spanish、いっぱい勉強すべきものがある.. まずは、音で聴けるようにしておきますか、、 譜例は参考リンクをご覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず、Gypsyスケールを一望できるように表に..表にしといて、これと、楽譜を眺める..

まった、めんどくさいことに時間かけてぇ、、そんな暇があったら覚えろ!なんて、まだ、記憶力に過剰に自信のおありの方から、お叱りは覚悟で.. おぼえれるもんやったら覚えてみ、と、私は思う、毎度思い出しながら、楽譜にメモでスケール書きながら、しょっちゅう思い出し間違いして、へんてこりんな迷い路に入り込んで、能率のあがらないことをすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Surres(シューズ)Musicというアプローチ、、

Surres(シューズ)Musicについて、もうすこし詳しく書こう まず、基本の基本として、、 ■あれもこれもを止める   いろいろやりたいことはある。でも、なにもかもはできない。既にだれかが結果を出したところを追うやりかたはするまい。安易な演奏は追うまい。   → スプリット&アッパーストラクチャードS&UST略し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリット&アッパーでシュールに奏でるチューン..

ヨーロピアンでジプシーな音をスプリット&アッパーでシュールに奏でるチューンの総称してシュール・チューンズ(略称:シューズ) シュールっていうのは、「現実離れした」、「幻想的な」、「意外な」など、非日常的な ものを指す.. そこに、スプリット&アッパーを持ち込む.. さらに、ジプシー・スケールをフィーチャーする.. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかく36曲になるまでは、このまま、ざざーっつと続ける。

いまやってるゲラづくりの先の見通しのこと。。 やろうとしている内容をああでもない、こうでもないと、いじくってるうちに時間ばかりすぎていくから、とりあえず決めて走りながら修正する。 なので、いったん決めるを、ぱぱっと書き留めた。。 いったんリストしたものは、ためらわずやる。リファレンスの資料なども準備しつつ、やりきること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役にたつ情報をブログに書くと、何十、数百回ものアクセスをいただく、必要なことが書けた喜び..

コードアナリーゼについて、Twitterで呟くとろくなことはない(こざかしやぁ、みたいな感じ)。 でも、ブログの記事アクセス数が歴然と示してくれるのは、ものすごく、みなさんが興味をもっておられること。 アクセス数がぜんぜん他の記事とちがう。。 で、それで、すごく残念なのは、それだけだってことかな。。ハンドブックを公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「徹夜で難解な信号処理の数式を追いかける、これもまた、夢と浪漫の世界、、これも、私の音の世界、...

「徹夜で難解な信号処理の数式を追いかける、これもまた、夢と浪漫の世界、、これも、私の音の世界、、」について ページが開けなかった方々、ごめんなさい.. 余りにも画像数が多すぎて、表示できなかったので、画像をPDFにしてリンクに作りなおしました.. 時間軸を滑らかに、圧縮、伸張すること、、つまり、速度を変化させつつも、スペクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

On Green Dolphin Street アナリーふむふむ、って、めっちゃ簡単になったなぁ、、

On Green Dolphin Street ハンドブックを使ってアナリーゼと、USTをチェック [ハンドブックはこちらから] http://p.booklog.jp/book/66189/read ほんまに役にたつねぇ、、このようわからん曲って思ってたけど、ボイシングにふむふむと、、 USTというもののありが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徹夜で難解な信号処理の数式を追いかける、これもまた、夢と浪漫の世界、、これも、私の音の世界、、

さて、完成しないうちに、散逸しそうな感じになってきたので、現状をWebに保存する目的で、アップします。 もしも、内容を読める方が居て、たまたま読んで、それ、こうじゃないの?ちがってない?って、数式展開について指摘いただけたら嬉しいですが。。 私が28年前に研修室に残してきた、修士論文を講座配属になるなり、教授から渡されて、理解せ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ePubの出力に昨夜から格闘してるけど、未だ正解にたどり着けないなぁ.PDFの方が見た目通りでいい?

ePubでなければならない理由がもひとつ..だんだん、めんどくさくなってきた。 PDFでいいような気もしてきて、もう、なんというか.. ★今だとePubよりDRMなしのPDFを有料配布するこれぐらいの方法がわかりやすいのかもしれない。 https://play.google.com/store/apps/details?id=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Billie's Bounceをハンドブックを使ってアナリーゼした例(草稿)を作ってみた..上出来!

ハンドブックの使い方ページにFのブルースで例題をと考えて、サンプルを一つつくってみた.. アナリーゼのノウハウは裏コードの見極めやね..でも、こういう例があると、簡単に応用できるよねーって。。 途中で転調してるので、転調毎に色わけして書いてみてまーす。。 こんな感じ..(ちなみに、ハンドブックにはメロディは載せないよん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内容をもっと良くしたい、だから勉強.練習は大事だけど、その前に何を練習するかを決める勉強が大事..

なぜ、一生懸命になって、ePubで勉強成果を共有しようとしているかというと、、 昨年末から、急遽、心入れ替えて勉強をしてみたら、やっと、思ったような成果になってきたので、 このやり方に、なかなかたどり着くことができなかったことを考えると、 アプローチ方法の一つとして、ぜひ、みんなに知って欲しいと思ったから、、 自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コードとスケールのハンドブック、アッパーストラクチャード・トライアド付き」を編纂中 ⇒

以下の記事の総まとめ、ハンドブックが完成しました。ハンドブック全編はPabooでダウンロードできます! http://p.booklog.jp/book/66189/read -- ・編集して、アップしようと思ってやってる内容です。  すべての調の出現頻度の高いすべてのコード機能に対して、一覧表にするので、  1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うーん難しい、できない、となると、乗り越えたくなる..性分やね..頑張れePub デビュー?

◆なんのことかといえば、Kindol なんです。。 オーサリングは特に必要なし?WordかHTMLでKDPにアップすれば、ePubに自動変換ってことだけど、作っている原稿がWordで表がいっぱいあるってこともあってか、ことごとく変換に失敗してボロボロ.. こんなんじゃぁ読めん..ということで、Webで探して、ePubへの変換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍Kindleを少し調べてみた..専用のKindle端末でなくても普通にスマホで読めるんやね。

電子書籍ねぇ、、ふーんっていう感じやったんやけど.. うわさのKindleって、遅ればせながら、Amazonなんやねぇと、記事をよんで気付いて。。 これは、筋がいいな、ブレイク可能性あるかも。。 と感じたので、しらべてみた。。 ・Kindleに関する、わかりやすい記事、、ふむふむ、、 http://pc.n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でも、やるんよねぇ、おっちゃん、頑張るわぁ。ハーモナイズ1曲完!コード表大活躍!

Soul Eyes とは、基本的には同じアプローチなのだけど、コードチェンジを頻繁にはしない曲で、テンションのバリエーションを選択する方法となると、Soul Eyesとはまた違ったノウハウが必要になる。。 Hypnosのハーモナイズに2日がかりで取り組みして(予習はもうすこし前から始めてましたが)どうやら、なんとかワンコーラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAISEN 小山大宣のLP聴いてみたい..

以前にも紹介したけれど、本当に頼りになるコード理論の書籍、Jazz Theory Workshopの著者の 遺作のLPがあるらしい.. 聴いてみたい.. http://blog.goo.ne.jp/jazztoday/e/f066b7dec6e58fd214542ad4f8734764 http://blog.g…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年間創り溜めてきたスケッチを聞きなおし。。

いろんなトライをしてきたのだけれど、なかなか、ピンとこない。。 思惑では、ある程度イメージづくりをしたら、それにVlnをミックスしてイメージを膨らませるつもりだったのだけれど。。 やればやるほど、遠のいていくようなかんじ。。 ま、でも、いいんだ。 何事も、最初の一歩から、ひとつ、ひとつ、一足飛びはないのだから。。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ギターとなると、どこにどの音があるのやら、表をつくってみた。。ふーぅ。。

ギターの運指を考えようにも、全体感がさっぱり、、ま、基礎がないからね。。 ということで、いつもながら、速見表化、暇人?なのではないよ、 暇がないから、余計なじかんをかけないように速見化してるだけだよ。。 ま、いつものようにどこに置いたか忘れるのでアップしておこう。。 探し回るのも、時間の無駄だからね。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dragon..ドラゴン..ありがちなモチーフだけど、色々ひねっていけそう..発展性がある入り口を.

今日、いろいろ、ポコポコとボンゴを叩いていたら、ちょっと、パカポコと鳴り始めた音があったので、(もちろんVlnで)そっちを軽くモチーフを録音して。。(整理してないので、ほかの人が聞いても何弾いてるのかわからんのでアップしないけど)入り口のイメージだけを、譜面に書いた(すぐ忘れるので..)、、 で、これだけ聴いてもなんもわからん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコアメーカの公式?ブログってあるんだね。。

このところ、かなり、評価版を使い込んで、だいたい、目星がついてきたってところでしょうか。。 FX6の内蔵音源のグランドピアノに特異に心ひかれるアコースティック感があって、これだけでも「買い」かもしれません。 いろいろ、あの手この手工夫してみましたが、どうしても、VSTi音源として独立して鳴らすのは難しいようです。。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ScoreMakerFX6 の評価版を使ってみた。備忘録。

ScoreMakerFX6 の評価版を使ってみて。。 proとstdの違いのうち、本質的な違いとなる点は、 ※1)コードネームパレット、2)出版印刷 3)拡張キット -- 詳細 備忘録 ■SDFの読み込み対応はまったく問題なし。 ■音源としての作りこみにはDTMソフト(ex.SOL2など)との連携が必要になる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more