バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS サイドバイサイドの練習メモ、本番まで、この記事で行きます。。

<<   作成日時 : 2010/04/06 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の練習の録音を聞きつつ

バイオリン反省いっぱい。。本番後悔しないように、いまの間に、録音を聞きながら駄目なところ宣言しておいて直しますね。。
音源は載せてないので、ま、そういうことかぁ?と想像してもらうしかないですが。。

★マークはタイミング練習するところ

◆Je_Te_Veux : 綺麗に3拍子に乗らないとねぇ。3拍子スイングって難しいなぁ。バイオリンがあっちこっちでずっこけて。。ワルツを踊ってもらうつもりでもっと丁寧に弾くこと。。
録音であっちこっちで4拍子になってしまいそうになってる。シンプルに3拍子、三拍子していかないと。。
ポイント、せっかくピアノが裏で跳ねてくれているので、リズム感はピアノで作ってもらって、バイオリンはあまり跳ねないで、3拍子をのせる。、でないと、バイオリンとピアノで二人で跳ねたらもつれてしまうね。。てことが録音でよくわかりますね。。
練習の音源の2コーラス目でバイオリンがテーマに戻ったときにちゃんと跳ねないワルツになってる。この弾き方で1コーラス目を入るようにすれば、美しいな。。
----------------------------
Je_Te_Veux :オール2+間奏
★イントロ ララ・ラ ラ・ラ・ ラ・ミソ 一発で入ること。。
1:Vn(テーマ) ピアノがスイング感を作って上でバイオリンは踊り手が踊りやすいワルツの旋律を心がける。
間奏
★8小節ずつPf、Vln、Pf、Vlnでエコー、前のパートの8小節目で次のパートがピックアップを弾き始めて、途切れないようにしたいところ。
そのあと、PfのバンクでDに転調
2:サビ前までVln、サビをPf、ラストのテーマをVln(ここはVlnはとにかくワルツ)
★エンディングはストレート、F#の音でフェルマータ A.GF#E.D....

----------------------------

◆Flamingo : ピアノさんにもたれかかるのはいいけれど、せめて、拍数をもう少しちゃんとあわさないと、いくらルバートでも。。もうすこし、まじめに拍数かぞえる練習しなくっちゃ。
----------------------------
Flamingo
イントロなし、
1コーラスアウフタクトから9小節ルバートで、だけど。基本白玉で止まり、呼吸でソロをテンポで弾ひいて、白玉で止まるの繰り返し、
★ルバート
1小節目のF#、
3小節目のF、
5小節目のD、
6小節目から2拍ずつきざみのゆらゆら感を作る。
  DE-弓止め、
  F#F#-弓止め、
  GA−弓止め、
  BC#DF#-、弓止め、(長めに一呼吸)
  EF#FA-感覚で弓を止めを入れて、
  DAEAのフラジオレットでルバートを終了の合図
  アウフタクトからインテンポ。
2コーラスのラスト4小節までテンポキープ
1:Vn(テーマ)
2:[A] Pf→[B]Vn
★エンディング繰り返しなし、ストレート(Vlnのritの場所(最後の段の2小節から)
----------------------------   

◆Georgia : バイオリン音数が多すぎ。。もっともっとシンプルに。もとの歌が綺麗な歌なんだから、ぐちゃぐちゃかき回さないようにしないと。。。3.13の練習の録音の方がいい。なんてこった。ということは、弾きかたを決めてないってことだよねぇ。行きあたりばったり、も、いいけれど、芯がないとどうしようもない。。。3.13と今回の違いは、聞き比べると。。うーんなんとか後ろノリしようとしてずっこけてるってことかなぁ。もっとケイシ的オンか前ノリのほうが。。
それと、言い訳すると、当日切れたA線が演奏している間にのびてのびてかなり音程がくるってる。曲の頭と後ろで。。
----------------------------
Georgia
オ−ル3
★ピアノで4小節イントロ
1:Vn(テーマ)  A線のオープンの音程を中心に、途中、もう1オクターブ下げて、低音を綺麗に、
           このオクターブの移動感で、躍動感を作って、メロはぐちゃぐちゃ触らない、自然な
           フェイクで
2:サビまで Aメロ 
3:Vn
  サビまで リフ A線のオープンの音程を中心に、高い音に行かない。この曲は低音を魅力的に。
  サビから、テーマに 
★エンディング ピアノ
----------------------------

◆Night and Day : しっかりリズム構成をしただけあって、芯がはっきりしてきた。。その分アドリブがヘロヘロでだめですねぇ。ちゃんと歌わないと。8分音符でもブレスはいるよね。潜水艦フレーズはやめなきゃ。。と。
----------------------------
Night and Day (D)
★イントロはVerseをVlnとBsで8小節、
残り8小節をテンポで、YouYouYouでritして、
アウフタクトでVlnがテンポ出し
1:Vn(テーマ)  Bossa(サビもBossa)
2:Vn(リフ)    Bossa(サビだけ4Beat) 
3:Pf(リフ)   
4:Bs(リフ)
5:Vn(テーマ) Bossa(サビもBossa)
ラスト4小節でVlnがAの音でブレーキをかけ、そのあと
★エンディングカデンツを弾いて、Dで終わる。
----------------------------

Love for Sale : メモリーがなくて録音が尻切れだけど、バイオリンさんはせめてサビのコードぐらい間違えずに弾けないのかしらとつくづく。もうすこし丁寧にやりましょうね。ケイシ君!
----------------------------
Love for Sale Cm
★イントロはBassで8小節
1:Vn(テーマ) サビも含めて丁寧なテーマ弾きをすること、でも、まったり、まったりとした音に。。
2:Vn(リフ)   サビのところ、ブレイクはスケールでいいけれど、
          16小節の3段目の転調、4段目は高い音を使わずに中音で、
          上りすぎて木から降りられない猫みたいなニャーニャー音にならないように。。
3:Pf(リフ)
4:Bs(リフ)
5;Vn(テーマ) 
★エンディング 3回繰り返し、3回目Gの音でフェルマータ、一度止めて、終わる。
----------------------------

◆Recard : この曲は弾きすぎたのかしら?、なんか、バイオリンがとってつけたようないい加減なフレーズばっかり弾いてますねぇ。ちょっと初心に帰って、きっちりとテーマを弾いたほうがまだましなんじゃないかしらん。テーマとリフをぐちゃまぜに弾かないこと。。それと、もうすこし抑揚、イントネーションの大小をしっかりつけないと、はじめから最後まで同じにきこえちゃうよ。。
----------------------------
Recard Bossa(オール5)
Bossa
★イントロBs 
1:Vn(テーマ) とにかく丁寧なテーマを弾きましょう。でも後ろノリではなく、ケイシ的前ノリでスピード感は保つこと。
2:Vn(リフ) 16小節ずつ少しずつ崩していくけれど、呼吸をしながら、フレーズに止めをできるだけ入れて、聞き手が息を止めるような聞き方にならないように、ボッサなので隙間をつくること。サビだけは8分音符でスピード感はだす、でも、テンポはキープ、走らない。
3:Pf(リフ)
4:Bs(リフ)
5;Vn(テーマ) 16小節ずつテンションダウンしてテーマに戻していく、サビですっぱりテーマ弾きに戻してシンプル感に、素直な演奏にすること。
★エンディング 2回繰り返し、2回目D7のところF#で一度止め、それから終わる。
----------------------------

メモリー切れで録音がないのだけれど、、

◆G線 : ちょっと短く編曲して、だれないようにした。。その分、こんどはメロ間違えないように練習しなきゃあ。いつもやってしまうんだよねぇ。別のフレーズに飛び込み。。。あかんでぇ。ちゃんと覚えないと。。
---------------------------- 
1:AをPf
  Aの2回目からVn
★ Drのバンク、2小節、(8拍を数えること)
  Bの4小節の後ろからDに飛ぶ(サビが12小節構成といった感じ)
2:うーんどないするんやったっけ。忘れた。。
  Aを2回Pf
  Bの4小節とDの8小節をVn?
  エンディング
  ラスト2小節をクラシック終わり。
---------------------------- 

◆Nuageは今回練習なし、本番で気合一発。よくやるんだこれが、別メロ弾くの。この曲はサビの後で別メロになりやすい、それと、以外と曲の入りで気を抜くと別の曲がでてくる、シンプルにしてやっかいな曲。だけど、ちゃんと弾けば、元曲のメロディがすばらしいので演奏がいいように聞こえる。 ボケかましをしないようにね。。と、自分に言い聞かせる。。
----------------------------                
Nuage(オール2) 
イントロなしVn、アウフタクトで、テンポ出し
1:Vn(テーマ) あまり余計なことを弾かずに、元メロの美しいところをPfのアーティキュレーションで強調したほうがいい
2:[A] Pf→[B]Vn
エンディング繰り返しなし、ストレートし ストレート(Vlnのritの場所を固定すること) さいごGAGののところ、GAをスタカートせずにレガートで終わる方が上品。、、でも、暖まってたら、はねてしまってもいいかな。成り行き。できれば上品に。
----------------------------

◆Paper Moon 今回はあわせなかったけど、イントロとエンディングを変えます。というか、もともとやりたかったバージョンでピアノを。。嬉しいです。割と激しい入りと出になるので、華やかになるよう、でもメロはシンプルに。。でいきたいです。
----------------------------
It's Only a Paper Moon (オール5)
★イントロピアノ
1:Vn(テーマ) 1コーラスは、テーマを本来のリズムに乗せて、T型フォードでがたがた揺れながらリズムに乗って楽しくやろうぜ詐欺師の2人って感じで、ここもメロを崩そうとせずに、ノリで外れたぐらいのフェイクにとどめること。
2:Pf(リフ) ※注、2コーラス目でGtに渡す変則
3:Bs(リフ) 
4:4バースチェンジ(Vn、Pf、Ba、Vn順)
5:Vn(リフ)こっちは、16小節ずつ、一区切り、最初はブレイク状態で次第にテーマに戻る、ラスト16小節は、パシッと正気に返って、テーマフレーズをオンビートで。後のDのロールが大きく聞こえるよう手前で、少しVln音量を落とし気味にしなやかに。
★エンディンクピアノのあと後VnでDでロールを入れる。ロールを気張り過ぎないように、でもしゃきっと、きっぱりと。
----------------------------

◆Aliceまだ整理できてない。というか、メモリ切れで録音がない。。
----------------------------
Alice in Wonderland
イントロはPf
1:Pf(テーマ)
2:Pf(リフ)
3:Bs(リフ)
4:Vn(テーマ) 
★エンディングはストレート、ラスト5小節A7のところのCでフェルマータ、以降倍に伸ばすぐらいのテンポダウン。
----------------------------
などなど。また、明日から、文章に注意点、メモしていきますね。ケイシはすぐメモもなくすので、ブログにメモしながら、この記事の修正修正で演奏のメモは今回作っていきたいと思います。

では、夜もふけました。お休みなさい。

---
書き始めから3夜、ようやく、ひととおり整理できたかなぁ。
さーて、練習用の音源集を作って、イメージトレーニングしなきゃね。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

サイドバイサイドの練習メモ、本番まで、この記事で行きます。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる