バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 練習会と交流会に行ってきました。

<<   作成日時 : 2010/10/03 08:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

前回、用事で練習会をお休みしてしまったのですが、今回は、練習会のあとサウンドダックの交流会という過密スケジュールで行ってきました。練習会は12:30ごろから生田会館の音楽室でセッティング〜17:00まで。。
最近なんとなく、私の練習テーマになりつつある、「ラテン系のリズムとフレーズを艶めかしく。。」を目指して、今回持ち込んだ曲はNardis。まだテーマ弾きも十分でなく、キャラバンで安原さんと1回やってみただけの状態からでした。メンバーがそろうまで最初すこし時間があったので、それまでの間に何回か練習をさせてもらいました。

この曲はカウントで頭から出て、あとはEmイオニアンスケールを中心にモードで弾くのが一般的と思いますが、ケイシ節としては、このコード進行から「モード的なリフ」ではなく、どんな「酔えるフレーズ」を生み出せるかが課題。まだ1回もピンとくるフレーズが思い浮かばないのですが、数ヶ月かけてみつけていきたいと思います。インドバイオリン旋法もあるかなぁと思いますが。。そうすると、インドの蛇使いみたいに。。面白いけど艶めかしく魅せるには??

ま、Love for Sale もなんとなく気になって、自分のフレーズはこれかなって見つけるのに2ヶ月以上かかったので、じっくりと腰をすえてやっていきたいですね。

そのあと、サウンドダックの交流会でした。今回は裏?情報でワインが飲める?ってうわさがあり、焼きたてパンやチーズなど豪華っ。昼間に練習してきたので今回は、弾かずにまったりとワインを。。と思っていたのですが。。
司会からいきなりオープニングリーダの役目を仰せつかってしまいました。どきどきです。

みなさんの入りやすい曲で。。でも、ブルースやインスト曲ではなく歌物曲(これは私の好みで。。)ということで、FlyMeとAutumnで声をかけさせてもらいました。FlyMeの曲の出だしPfがPAが薄くて聞こえなくて出だしが崩れましたが、Maさんのドラムに助けてもらって、なんとか落ちずに。。(ちょっと焦りました。。)。、余談ですがアプローズのステージは構造上、横一列にメンバーが並ぶので、聞き取りにくいです。。。Tp、Saxさんにも出ていただけ(今回は管が少なかった?)お役目完了。。

ほっとして、会場内でNewFaceのかたがたと名刺交換などをして、おはなしして席に戻ると。。あれれ、もうワインのビンが空になってる。。ワインとパンとチーズが。。 で、Moさんにわがままを言って、グラスワインを分けて(強引に略奪、すみません。。)もらい、おいしかったです。まったり。

翌日、大事な来客があるので9時で早退しました。。

Memo:アドレス交換させていただいた方にはご挨拶メールを送ってアドレス確認しているのですが。。名刺交換でアドレスをいただいた方は100%正しいアドレスなのですが、いつものことですが、手書きいただいた方は1/3がアドレス記述がどこかちがっていて、メールが届きません。。「連絡先をケイシに伝えたのに。。」と思っておられる方あれば、ぜひ私の名刺アドレスにメールくださいませ。。

Memo:アルトサックス(Eb管)はDの楽譜で吹くと、実音がFになります。
アルト楽譜→実音 
 C→Eb 
 D→F
 E→G
 F→Ab
 G→Bb
 A→C
 B→D
ですね。これを見て何か感じませんか?ケイシ、バイオリン属的には、そんなんずるいやん、って感じですね。アルトサックスではJazzの大多数の曲をシャープ系の楽譜で弾いてるってことです。ま、SaxはJazzのために作った?楽器みたいなところもあるし、後から出てきた楽器なので、設計時に配慮したのでしょうね。。

逆にアルトサックスで実音Dで弾くには、アルトの楽譜はBになり、これは難しいでしょうねぇ。つまり、これからわかることはシャープ系の調でアルトが入っているときには実音G、Cは比較的大丈夫。実音Dはアルト側がBになって少し難しく、実音Aはアルト側がGbになるので、これや多分弾いてもらえない。。ってことになるのでしょうね。

 アルト楽譜→実音 
 E →G
 Gb→A  △
 A →C 
 B →D △
 Db →E △

※ ワンポイント アルトサックスさんとセッションでシャープ系は実音G以外は、やめておいたほうがよい。
  ということです   












■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「練習会と交流会に行ってきました。」について
「練習会と交流会に行ってきました。」について 今回は多くの方々から、交流会後にメールコンタクトをいただきました。いつも名刺はたくさん交換するのですが、それっきり。。が、結構多かったのですが、いろいろお話をして、アドレス交換をしたことと、特に、このたびは、サウンドダックからも、少なくとも5人の新しい方と握手をと、積極的に交流を深めてくださいねとの、メッセージが明確にでたのもとてもよかったと思います。 次回、交流会で再開が楽しみです。 ...続きを見る
ジプシー & ジャズバイオリン K氏のブ...
2010/10/11 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FS6

マイリンク集

練習会と交流会に行ってきました。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる