バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ギターのコード構成の一覧を作成、ボサ系のコードフォームから復習開始。。

<<   作成日時 : 2011/10/11 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バイオリンを弾きつつ、ギター、特にスチール弦のギターを弾く事に、かなり、抵抗があって、避けてきたのですが。。
ま、バイオリンはそこそこ、弾ける???ようになったし、すこし、ギターに力をいれましょうかと。。

10年はかかるだろうな。。まともに弾けるのまで。でも、10年なんて、意外とあっという間だし、まだ60歳そこそこだし、やってやれないことはないか。。

ピアノにするかギターにするか、ボーカルをやるか、いろいろ考えてたんだけど、ピアノは、もう、なんというか、何度も挑戦してきたし、白鍵の王子様だけど、エレピならキートランスポーズもあるしね。。

ボーカルは?、うーん、中高6年間のフォーク時代にいっぱい唄ったから、もういいかな。やっぱフロントボーカルは一般的にはかわいい若い女性でしょう、、お客さん側からすれば。でなきゃ、めちゃくちゃ歌が上手でかっこよかったとしても女性ボーカルだよ。。で、おっちゃんなら、カッコいいダンディなおっちゃん、バックコーラスなら普通のおっちゃんでもいいけど。。

というわけで。。でもないのですが。。。

本当は、ギターさんで、バッキングをやってくれる方となかなか出会えない。。ということもあるのですね。。ギターもピアノもそうですが、1本でベースからメロディまで仕上げることができることもあって、ソリスト系のミュージシャンが多いなぁ。。気のせい?ではないと思います。。

まえから、フィンガーピッキングのギターの音がすきだったし、ずっと、トライしてこなかったことでもあるし、この際、ギターに取り組みながら、限られた音程、同時6音までの制限、フレット移動距離の制限など、いっぱいいっぱいの制約のなかで、ギターでベースライン、リズム、メロディラインをつくる、

この難しいアプローチのフィンガーピッキングを探求、そう、弾けるようになることも、もちろん目的ではありますが、ベートーベンが1本でオーケストラ、と評した、この楽器演奏のすざましい、工夫のありったけを、勉強するのは、結構、いろんな意味でいいかな。。と

能書きともかく、初めて自分で買った楽器が、実はバイオリンではなくギターだった。。なんていう、根っからギター好き、バイオリンを最優先したので、ずっと、やってなかったのだけれど、

この休みに入る前、夜中に突然、ギターが弾きたくなった。翌日、たまたま、サウンドメッセをみつけて、たまたま、デモ演奏でわたなべゆうさんのすばらしい演奏をかぶりつきで聞いた。。

ギター屋さんでいっぱいギターを弾いて、弦についても今のエクストラライトはいい音が出ると聞いて、6年前に買ったヤイリのギターに張ってみたら、とてもやわらかく芯のあるいい音になった。。

などなど、いろいろ重なって、やる気になってきました。
バイオリンは?はい、ぜんぜん、お休みするつもりもなく、ずっと弾いていきますし、ライブについては、ケイシがリーダーのライブは今の実力ではとても考えるレベルではないので、考えてないけど、ゲストで呼んでいただくライブならやっていきます。特に、先日の篠山の内容はとてもよかったので、ああゆうライブならやりたいです。


あっと、だいぶ脱線しましたね。

つまるところ、音楽の巾を何でひろげようか、いろいろ考えていたのですが、、ギターにしよう。。と、今は思ってます。今日は2時間ばかり、コードフォームの練習をしました。

中学、高校のころは1日2〜3時間は弾いていたのだけれど、あのころは自分の歌の伴奏をやってたので、コードストローク中心で。。あのころフィンガーピッキングにあれぐらい時間を割いてたら、上手になっただろうに。。

まぁね。あのころは、ギター=唄うっていう時代でしたから。。

ふらふらと、定まらない文章ですが。。ま、しばらく、ギターを追っかけてみようと思います。


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

ギターのコード構成の一覧を作成、ボサ系のコードフォームから復習開始。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる